2018年2月10日 (土)

月刊オムライス ~2018年1月号~

おこしやす!

昨日、職場の懇親会で洛西口氏が不在だったので、小たみちゃんと2人だけの夕食。 
 
小たみちゃんの熱望と金曜日という気分も合間って、先週の節分に近所の神社の豆まきでゲットしたインスタントラーメンを食べることに。
 
人生2度目のインスタントラーメンを食べた小たみちゃんは、もう手を高らかに上げて拍手喝采で大喜び。いつも食べることが大好きな小たみちゃんですが、あの盛り上がりは未だかつてない喜び様でした。
 
毎日手作りにこだわっている私って一体…。
 
さて、1月、私たち夫婦は結婚10年目を迎えました。
 
結婚当初はまだ20代半ば。当時がとても遠く感じるのは、たくさんの思い出や経験が詰まった10年間だったからでしょうか。
 
10年目のお祝いは、やっぱりオムライスで。
 
今年はお正月休みを少し長くとって、京都にて月刊オムライスを。京都のオムライスと言えば、こちら。Dsc03482_2懐かしのグリル冨士屋より、Dsc03485ケチャップのないオムライス。
 
Dsc03487 これは、10年前に私たちが夫婦になった日、2人だけでひっそりとお祝いした思い出のオムライス。
 
そして、京都からこちら神奈川に引っ越して来た際も、京都で最後に食べたオムライスはグリル冨士屋。実に5年半ぶりにお店を尋ねました。
 
カウンター席のみの小さなお店なので、小たみちゃんが生まれてからはなかなか子連れで足を運べませんでしたが、今回は小たみちゃんと小学校1年生の姪っ子ちゃんを連れて4人で魅惑のオムライスを堪能。
 
小たみちゃんも、姪っ子ちゃんもこんな渋いお店に付き合える様になったとは、その成長を思うと、私たちの結婚記念日以上に感慨深いものがありました。
 
懐かしのオムライス、絶妙なふわとろ卵の中には、Dsc03496_1牛ひき肉とウスターソースが効いたケチャップライス。
 
2人で半分こして食べた子供達。小たみちゃんは卵の生地がお気に入り、姪っ子ちゃんは中のご飯がお気に入りだった様子。2人ともお代わりをして満足そうに食べる姿を、シェフも優しげに目を細めて見守っていました。
 
思い出のオムライスをありがたく頂いた後は、腹ごなしにぶらりと散策して、こちら。Dsc03508_1スマート珈琲でおやつタイム。
Dsc03519_2 美味しいコーヒーと、Dsc03516_1 プリン。卵からの卵。
 
娘っ子2人はプリンとココアを。自分で砂糖を入れて飲むココアに魅了され、プリンはもれなく半分ほど私たちの胃袋に収まりました。
 
小さな洋食店から老舗の喫茶店へ、京都ならではのローカルグルメを味わった結婚記念日の旅。
 
久しぶりに京都らしい街歩きを堪能し、10回目の記念日も素敵な思い出がぎゅっと詰まりました。
 
これから先も、家族が健康で、美味しいオムライスを食べられますように。

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

月刊オムライス ~2017年12月号~

おこしやす!

 
話は少しさかのぼり…2017年12月のオムライスを。今さら。
 
師走はなんやかんや忙しい!と、オムライスの予定を後回しにしようとしていたら、「何が何でも明日オムライスが食べたい!!」という小たみちゃん。
 
そんなに急に言われても、心も食材も準備が整わず。 2017年最後のオムライスは突然にやって来た、Dsc03318_1牡蠣の和風クリームソースオムライス。on the 焼きねぎ。
 
急に言われても思いつかないので、とりあえず目に入った食材で作りました。薄口醤油で和風に仕上げたクリームソースに小麦粉をつけてさっとソテーした牡蠣をゴロンと入れて、牡蠣の旨味が染み出したオムライスに仕上がりました。
 
サラダは、急なオムライスを指名して来た小たみちゃんが、責任を持って作ってくれました。Dsc03312_2スモークサーモンと野菜ゴロゴロサラダ。
 
ちょうど下呂の実家からトマトが大量に届いたので、トマトときゅうりを小たみちゃんがマイ包丁で切って盛り付け。ドレッシングは蜂蜜レモンのフレンチドレッシング。
 
なんせ急なので、ありもので作ったカリフラワー入りのミネストローネを添えて、今月はこんなもんでいかがでしょうか。Dsc03332_1寒い冬はクリームソースでほっかほか。
 
和風クリームソースの中も和風に仕上げて、Dsc03347白味噌バターライス。
 
ほんのり甘い、バターライスに仕上がりました。細目親子も細い目を細めて喜んで完食。洋食の和風味って、何でこんなに気取らず落ち着くのかしら。うましうまし。
 
2017年も無事、あの手この手で乗り切ったオムライス。毎度試行錯誤ですが、この一年もいろんなオムライスの味わいに出会うことができました。
 
2018年もオムライスに旬の素材を包み込みながら、季節を味わいを感じて行きたいと思います。
 
さすが店長、うまいこと言いました。えへん!

| | コメント (0)

2018年1月27日 (土)

明けまして2018〜ハイカラ京都編〜

おこしやす!

 
下呂にも雪が降り、きゃっきゃと犬のように喜び回った1月3日。喜びもつかの間、朝から下呂を後にし、京都に向かいました。
 
お正月といえど、のんびりしてられまへん。
 
京都のお正月と言えば、いつもとびきり楽しみにしている洛西口氏の実家のお節。古るきを重んじる京都のお節を、朝食から豪華に頂きました。(2日連続。)Dsc03473 いつか受け継がなければと思いつつ、いつもその美味しさに甘えて、食べることと写真撮影の専門家になっている嫁。
 
艶々の黒豆、人気のあまり大量に仕込まれた数の子、義父作の棒鱈の煮つけ、お雑煮は京都では白味噌が主流ですが、洛西口家ではお澄ましに水菜と丸もち。これが美味しいんです。
 
朝からお腹いっぱいお節を食べて元気な目覚め。極寒の中、下呂でのゴボウの千切り修行を思い出すと、涙が出るくらい優雅なお正月休みです。
 
しかし、気がつけばもう1月5日。5日間もお節を食べたらそろそろパンもいいわね。なんてことで、京都最終日の朝は、こちらImg_4199今出川のル・プチメックでテイクアウトしたパンで、Dsc03538_1プチモーニング。
 
レモンピールとホワイトチョコのハード系や、チャパタ、ラムレーズンのミルクフランス、どれも生地が滋味深く、味のバランスが整っているものばかり。
 
数年前からプチメックのオーナーの西山さんのインタビュー記事を読み漁っていたので、このパンもきっと西山さんの発想力と哲学のもと生まれたんだろうと思うと、ふつふつと味わい深いものがありました。
 
さて、長い帰省も終わり、京都から東京行きの新幹線へ。新幹線のホームまで見送りに来てくれたユキヲくんから、京都らしくハイカラなお土産をもらったので、新幹線に乗り込んで早速頂くことに。Img_4214あら素敵!Img_4215パンの名店、シズヤのあんぱんセット。
 
可愛い袋を開けると、Img_4222こんな可愛いあんぱんが飛び出して来ました。
 
中は基本のあんこや、抹茶あん、和栗、黒豆など美味しい素材がぎっしり詰まって、見た目も味もお客様満足度100!!
 
さすが、お商売上手な京の土産です。
 
こうして、長旅から帰路に着いた我が家。ごぼうに始まり、あんぱんに終わる帰省は、どこにたどり着いても美味しいものでもてなされ、贅沢な1週間でした。
 
お腹も思い出もいっぱいになり、今年のおたみ食堂も、ぼちぼち開店です。

| | コメント (2)

2018年1月13日 (土)

明けまして2018〜下呂編〜

新年、明けまして!Dsc02851おこしやす!!!

 
本年もマイペースな我が家の食卓を、片目をつぶってお付き合いください。
 
年末年始、皆様はいかがお過ごしでしたか?我が家は年末から丸っと1週間帰省し、日頃の疲れが癒されるどころではなく、只今帰省疲れで毎日ぐったりの年明けです。
 
さて、31日から私の郷、下呂へ。
 
到着5分で、母から特大ゴボウ4本の千切りを命じられ、家の中の気温は最高3度という寒さと、心臓が止まりそうなくらい冷たい水を使って金平ゴボウの下処理。
 
家事をしながら通りすがる母からは「まだ切ってるの?」「遅いわ!!」と散々お尻に火をつけられましたが、あいにくの寒さで火もつかず。
 
出来上がった金平を見て、母は「こりゃまた、たくさん作ったね。」ですって。娘の里帰りはいつも、修行です。
 
帰省早々洗礼を浴びたゴボウ事件から一夜開け、こんな寒い家にも晴れやかなお正月がやってきました。Dsc03444椎茸出汁のお雑煮と、健康と豊作を祈って、干し柿、豆、柿、田つくり。
 
母手作りの干し柿は、寒さにさらされて、甘く柔らかく仕上がって、小たみちゃんもいったいいくつ食べたことでしょうか。
 
そして、これまた凍てつく寒さの中初詣を済ませたら、早くもお昼ご飯です。元旦のおめでたい日のお昼ご飯といえば、Dsc03459前日に食べ忘れた年越し蕎麦。天ぷらの女王が揚げたかき揚げ付きです。
 
午後はお正月早々にひふみばあちゃん亭に押しかけて、たんまり美味しいおやつをいただきました。
Dsc03463 Dsc03465干し柿に栗きんとんを詰めた手作りの和菓子。叔母のお友達が作って届けてくれたそうです。
手作りだからか、栗きんとんがとにかくぎっしり詰まっていて贅沢な味わいでした。
 
美味しいおやつをたっぷり頂いて、最後はこちら、Img_4148 煙突式ストーブで焼いた、干し芋。砂糖水で煮てから干した干し芋は、外はサクッと中はしっとり、うっかり食べ過ぎました。
 
こうして、お腹いっぱいの元旦の夕食は、兄が卓球大会で優勝して獲得してきた飛騨牛のすき焼きを食べて、調子こきついでに温泉へ。Img_4149もうピースするしかないです。
 
元日の昼に年越し蕎麦を食べた我が家。午後から一気に巻き返して、すき焼きから温泉へと持ち運び、大変めでたいお正月の一夜を飾りました。
 
さて、1月2日ともなると、お正月気分も一気にトーンダウン。小たみちゃんは朝から食パンを食べ、お昼はおでん!Img_4158 何と言ってもこのおでんの味わいを最高に醸し出しているのはこの鍋。(新聞紙がよく似合う。)
 
天ぷらの女王がまた山盛りの山芋天を揚げてくれたので、おでんも天ぷらも、プロの味を堪能しました。
 
そして夜はまた、飛騨牛の焼肉を食べて、お正月ならではの贅沢を余すことなく味わい、ぐーすかとおヘソを出して眠りについたのでした。
 
翌朝、目を覚ますと、Img_8342小たみちゃん念願の雪景色。
 
下呂に行く前から、雪が見れるかもと期待を膨らませていましたが、連日好天に恵まれて、あいにく雪には出会えませんでしたが、下呂の最終日はようやくうっすらと雪景色を見ることが出来ました。Img_8344念願の雪だるまとも記念撮影をして、裸足で歩いて見たいと言ったので、雪の上を裸足で歩かせて見ましたが、想像を絶する冷たさだったようです。
 
お腹いっぱいの下呂の里帰り。次は雪が溶けて桜が散り、またキラキラと太陽が光る夏の頃に。Dsc03446みんな元気で待っててねー!

| | コメント (0)

2017年12月31日 (日)

Merry Birthday for 5years old

okoshi yasu! Oh! 失礼。

おこしやす!
 
泣いても笑っても、今年最後のおたみ食堂。最後はこちら。Dsc03349我が家のクリスマスをお届けします。
 
今年も大人の事情で小たみちゃんのお誕生日を兼ねてお祝いしました。
 
今年のお誕生日パンは、小たみちゃんのリクエストにより、チョココルネ。クリスマスバージョンで飾り付けて、Dsc03351_2コルネツリー。
 
と、言いたいところですが、「かまくら」にしか見えず。。。
 
一番星には最近覚えたアイシングで5歳を型どりました。
 
そして、クリスマスのご馳走は、小たみちゃんの大好物が勢ぞろい。Dsc03406カニクリームコロッケ。
 
Dsc03409 オニオングラタンスープ。
 
ロマンワイングラスには、いつものスパイスサラダを入れて、Dsc03415_2 Merry X'masDsc03441 and Happy Birthday!!
 
チキンはないけど、クリスマスです。
 
小たみちゃんが喜ぶだろうと、腕によりをよりかけて作ったパーティーメニュー。
 
小たみちゃんは大喜びでコロッケとグラタンスープを食べすぎてしまい、肝心のチョココルネをほとんど食べられないという予期せぬ事態が発生。
 
まさかの事態でしたが、お楽しみのチョコパンも食べられないくらいご飯を食べてくれたことは、張り切って作った甲斐がありました。
 
いつも好き嫌いなくご飯を喜んで食べて、風邪も引かず元気な小たみちゃん。5歳になり、1番の変化は我慢ができるようになったこと。この一年は心の変化も大きく、すっかりたくましいお姉さんになりました。
 
いつも元気でいてくれることが、親として何より嬉しいこと。5歳、おめでとう!Dsc03373 今年も素敵なクリスマスになったね!めでたしめでたし。
 
さて、おたみ食堂も年内の営業は今日で最後。
 
今年は海に山に川に。本当にアクティブな1年になりました。
 
来年はどんな一年になるか、どんな思い出ができるのかわかりませんが、何よりも家族の健康を大切に、マイペースではありますが我が家の食卓を綴って行きたいと思います。
 
本年もおたみ食堂をご愛読いただき、誠にありがとうございました。
寒冬と言われるこの冬。どうか皆様もお体に気をつけてお過ごしくださいませ。
良いお年をお迎えください。
 
おたみ食堂 店主

| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

二日酔いのエピリース

おこしやす!

 
12月初め、新潟へ出張に行った洛西口氏。
 
帰りの新幹線で上司と「新潟の酒はうめ〜な!!」と、美酒に呑まれ、もうどうやって帰って来たかも記憶が曖昧になるくらいズタボロになって帰宅。
 
当然のことながら、翌日は朝から全く使い物にならない日曜のお父さん。あまりにひどい二日酔いで小たみちゃんと約束していたお出かけも出来ず、家にいるならばと、クリスマスツリーを出してもらうことに。
 
私も酔っ払いを横目に、クリスマス気分を盛り上げるべく、クリスマスリースをイメージしたエピパンを焼きました。Dsc03275エピリース。
 
ちょうどお昼ご飯に焼きあがったので、Dsc03287_1 ミートボール入りのミネストローネを添えて、Dsc03290 二日酔いランチ。
 
ちぎりパン感覚でパクパク美味しいエピパン。焼きたての美味しさに洛西口氏の二日酔いも吹っ飛んだようです。
 
ハード系のパンが好きな小たみちゃんはあまりにも気に入って、ちぎることなく丸かじり。うっかり松ぼっくりも食べてしまう勢いでした。
 
『只今焼き立て』のエピパンは、瞬く間になくなり、盛り上がったクリスマス気分も一瞬にして消え、あとは二日酔いが出したツリーがチカチカと光るだけ。
 
クリスマスはどんな料理で盛り上げましょうか、乞うご期待!

| | コメント (0)

2017年12月29日 (金)

一緒にお誕生日会2017〜後編〜

おこしやす!

 
大人も子供も総出で準備が進む、小たみちゃんと小すずちゃんの合同お誕生日会。
 
スパイスをふんだんに惜しみなく使い、主役の2人が自ら作ったキーマカレーが出来上がり、あとは副菜を用意して、いよいよパーティーの始まり始まり。Dsc03061美味しそうなカレーとターメリックライス。
 
Dsc03059 前日に漬けて来たタンドリーチキンに、子供達が作ったマッシュポテトをスパイスと炒めた南インドの副菜。
 
Dsc03058 揚げ物上手な小すずちゃんママが作った唐揚げにエビふりゃー、子供達が作ったスパイスサラダ。
 
スパイス料理が豪華に並びました。Dsc03062素敵!!
 
お腹をすかせた主役のお二人もスタンバイ。Dsc030725歳、おめでと〜!!この帽子も1歳から被っていると思うと感慨深いです。
 
さて、待ってはいられずみんなで頂きます。Dsc03091Dsc03094
2人とも食べる食べる。お肉もサラダもカレーも、すごい勢いで食べ進める2人。やっぱり自分で作ったカレーは格別かな?
 
あっという間にご飯が食べ終わり、次は子供達が待っていられない夢のマイホーム。Dsc03108立派なお家が建ちました。
 
待ちに待ったデコレーションタイムDsc03126_2マシュマロにチョコレート、綿菓子、飾りつけず今にも食べてしまいそうな魅惑のお菓子をたっぷり飾り付けて、Dsc03142_1とーっても賑やかなヘクセンハウスが出来ました。
 
お家の前には、砂糖菓子の動物たちと一緒に、Dsc03147小すずちゃんママが作ってくれた、マジパン製の小たみちゃんと小すずちゃん。
 
Dsc03183 本物の2人も期待に胸が膨らんで、今にも食べたいのをちょっとお預けに。Dsc03194 家内安全を注意しながら、皆でハッピーバースデーを歌います。
 
朝から楽しみにしていたヘクセンハウスに火が灯り、ワクワクとドキドキが最高潮。Dsc03192 仲良しの2人。お誕生日は年々楽しみになり、心も体も大きく成長しました。
性格も特技もそれぞれだけど、こうして毎年2人の成長を見ながら、家族でお祝いできること、そして何よりこの2人の嬉しそうな表情をみると、嬉しさがこみ上げました。
 
これからも2人の健やかな成長を願って、最後は今年も2人仲良く、Dsc03197ふ〜。
 
小たみちゃん、小すずちゃん、また来年もお楽しみ!

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

一緒にお誕生日会2017〜前編〜

おこしやす!

 
年の瀬が近づくと、毎年この話題。
 
今年も開催しました!Dsc02989小たみちゃんと同じ産院で生まれた、生まれつき幼馴染の小すずちゃん家族と揃って合同お誕生日会。
 
いつものごとく、小すずちゃんのお母さん手作りの飾りつけ。さすがです。
 
さて、パーティーの開始。早いものでこの2人も今年で5歳です。Dsc02966 まずは大きな大きなプレゼントをどうぞ。
 
期待に胸を膨らませ、プレゼントを開けてみると、Dsc02975 おっとこれは!Dsc02986 子供用調理セット。
 
リカちゃん人形やお姫様セットではなく、あまりの実用性重視に子供達は期待はずれで反応薄。
 
今年はこのMy調理セットでパーティーのご馳走を作ってもらおうという作戦です。
 
さっそくお料理始めるよー!と集合を呼びかけましたが…Dsc02993_1お父さんたちに夢中。
 
今年はお誕生日ケーキの代わりにヘクセンハウス(お菓子の家)を作ることにしたので、前日に焼いてきたクッキーで、お父さんたちは夢のマイホームを建設中です。
 
気を取り直して、リトルクッキング、スタート!初めてのクッキングは、初心者らしくカレーから。Dsc03006ピーラーでジャガイモの皮むき。Dsc03019初挑戦の包丁。今まで使い込んできたおもちゃの包丁とは勝手が違います。人参は意外と硬くて難しい!Dsc03021玉ねぎ、切って下さ〜い!
 
Dsc03027 目が痛い痛い痛い!!!お料理はどんな時も体当たりです。
 
さて、茹で上がったジャガイモで副菜作り。Dsc03037マッシャーでマッシュマッシュ。力が入ると眉間にシワがより、アゴも出ます。
 
材料の下ごしらえが出来たら、お鍋で調理。カレーといえば、こちら。Dsc03045「スパイスってなに?」という小すずちゃんの疑問に答えるべく、わたくし、家から大量のスパイスを担いでやってまいりました。
 
というわけで、今回はスパイスから作る、野菜キーマカレーに挑戦!Dsc03047クミン、ニンニク、生姜の香りを立てたらトマト缶を入れて、2人にスプーンでバンバンスパイスを投入してもらいます。お二人の目分量で。
 
Dsc03051 切った野菜もエイ!
 
ここまで来たらあとは煮込むだけ。出来上がりまで、しばしお待ちを〜。
 
そして、お父さんたちによる夢のマイホームは、Dsc03043ブロックで足場を固めて、屋根を接着中。このアイデア、さすがっ!!
 
カレーとヘクセンハウスの行く末はいかに。次回につづく。。。

| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

新米パーティー2017

おこしやす!

今年も届きました!ご紹介します。Dsc02860_12017年、新米くんです。
 
今年も関東支部の姉家族、従兄弟のるいるいが集結。みんなの集合とともに、新米が炊き上がりましたよ!Dsc02863ふっくらつやつやの新米くん。
 
さて、美味しく炊き上がった新米。
 
例年の悩みといえば、この後おにぎりになると、三角おにぎりが下手すぎてクオリティがだだ下がりも関東支部メンバー。今年はそんな悩みを打破すべく、秘策を考えました。Dsc02870ラップでギュギュッとまんまるおにぎり。分量さえ決めておけば、手技の差が出ないという秘策です。
 
こちらは姉が前日名古屋で買ってきてくれたニンニク味噌と、タラコのおにぎり。
 
そして次なる技は。Dsc02872鮭の西京焼き乗っけおにぎり。大きな具は包まない!乗せる!
 
今年の目玉はこちら、Dsc02875いくらの軍艦巻き。
 
「この時期は筋子が安い!」と、ミーハーな情報を仕入れてきた洛西口氏。安いといえどなかなかの予算をかけて筋子を買い込み、洛西口氏自ら夜な夜な仕込んだいくらの漬けを溢れんばかりに乗せました。
 
そして、おかずはおにぎりにぴったりなDsc02879塩唐揚げと、
 
毎度好評を頂いております、Dsc02881丸ごとトマトのサラダ。 
 
Dsc02867_2 いつもの炊き出し豚汁と、姉が社内争奪戦で勝ち取ったというボジョレー・ヌーボーを添えて、Dsc02887 新米パーティー2017。
 
ボジョレー・ヌーボーのおかげで、グッと華やかになったものの、おにぎりとワインでよかったんやろか。
 
例年の今にもドミノ倒しになりそうな下手すぎる三角おにぎりから一変。今年は真ん丸おにぎりで関東支部は史上最高の仕上がりに。
 
「今年こんなにクオリティ上がったら、来年プレッシャーやわー」
 
と、おにぎり片手にボジョレーを呑む姉とるいるい。
 
自立できる三角おにぎりを作れるようになれば、そんな心配いらないんだよ。
 
今年も豪華食材と共に、日が暮れるまで賑やかな新米パーティーでした。また来年。

| | コメント (0)

落ち葉ピクニック

おこしやす!

 
11月、小たみちゃんの保育参加に合わせ、午後からみんなで保育園も会社も休んでお出かけをすることに。
 
Img_3697 枯葉舞う砧公園へ。
 
Img_3717 銀杏の木もはらはら。
 
お弁当が待ち切れない小たみちゃん。平日ということもあり、ほぼ貸し切り状態の原っぱで、さっそく敷物を広げてお昼ご飯です。Img_3707寒空の下、サンドイッチ弁当です。Img_3710チーズたまご、ツナ、ハムチーズ、たっぷり召し上がれ。
 
小たみちゃんの曲げわっぱには柿、水筒にはドリップコーヒーを持ってきました。
 
お腹を空かせていた小たみちゃん、食べる食べる。大人と互角に食べて、食パン1.5斤分のサンドイッチが足らないのではとハラハラしました。
 
お腹がいっぱいになったら、Img_3726ひたすら遊んで、Img_3724ゴロゴロして、またひたすら遊んで。
 
まだまだ遊びたいけれで、そろそろ寒さも限界。Img_3732大人の事情により、肩を落として渋々帰ったのでした。
 
平日の静かな秋晴れ。
 
たまには日々の忙しさも忘れ、のんびりと過ごした秋のズル休みでした。

| | コメント (0)

«月刊オムライス ~2017年11月号~