2017年8月19日 (土)

桃日和の桃狩り

おこしやす!

 
7月の上旬。Dsc00485フルーツ大国山梨県へ、初めての桃狩りに行ってきました!
 
昨年まではさくらんぼ狩りに行っていましたが、今年は思考を変えて「桃狩り」に。
 
今年は春の天候不良で、不作や桃の発育が遅れているとの情報もあり、桃狩りの収穫量に制限があったり、桃狩りの中止を発表している農園もありました。
 
私たちが訪れた農園でも、7月初めということもあり、まだ小ぶりの桃が多く収穫できる桃は少なかったのですが、ありがたいことにもぎ放題の食べ放題。
 
農園の方に、桃のもぎ方、見極め方を教えていただき、食べ頃の桃を収穫。Dsc00482大きくて柔らかめの桃を房から一思いに引っ張って、桃そっくりな顔をした小たみちゃん、初めての桃狩りに挑戦。
 
そして、こちらの農園では、Dsc00488熟れたさくらんぼとすももがサービスで食べ放題。
 
2Lサイズほどある大きな桃を剥いたら、これぞ桃狩りの贅沢。一思いにかぶりつき。
Dsc00534_1_2
さてそのお味は、Dsc00526 この顔、もうどっちが桃か分からない。もう感動の美味しさです。
 
Dsc00532 美味しすぎてもう目が開かない小たみちゃん。
 
1時間半ほどで、3人で大玉の桃を8個、さくらんぼとすももをひたすら食べました。
 
この日、山梨県内は35度に迫る真夏日。炎天下の中、汗をかきがなら収穫した桃はまた格別。
 
Dsc00582 帰り際には、農園の方からお土産を頂き、もう重い重い。これまた立派な桃が6個も入って、見た目も美しくとてつもない甘さに毎日感動仕切り。
 
大満足の桃狩り。これは来年もいくしまありません。

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

紫蘇ジュース☆

おこしやす!

 
6月。今年は初めての紫蘇ジュースにチャレンジ。
 
2年ほど前に同僚のお祖母様からレシピを教えてもらい、今年こそは、今年こそはと思い続けた紫蘇ジュース。
 
赤紫蘇を煮出して、砂糖を入れ、お酢を入れた瞬間…
 
何ということでしょう、真っ黒だった煮汁が何とも鮮やかな紫色に。爽やかな紫蘇の香りが夏の暑さを癒してくれる、清涼感抜群のジュースが出来上がりました。Dsc00461_1夏の暑さで疲れた体をぐっと元気にしてくれる紫蘇ジュース。   
 
たっぷり汗をかいてお家に戻ったら、まずは一杯。Dsc00473氷と炭酸で割って、たっぷり水分補給。
 
紫蘇ジュース作りをお手伝いした小たみちゃんも、もちろんがぶ飲み。
 
あまりの人気ぶりに、我が家では毎年恒例のジュース作りになりそうです。うまうま。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

もろこしの夏2017

おこしやす!

 
みなさん、トウモロコシ食べてますか?
 
我が家は小たみちゃんが無類のもろこし好きということもあり、今年は例年よりいち早く、4月からトウモロコシを食べています。4月のトウモロコシなんて真夏のものに比べると半分くらいの大きさなのに値段は真夏の4倍ほど、最高で1本400円もしました。
 
というわけで、5月中旬から毎週欠かさず週2~3本ストックしながら食べているトウモロコシ。家畜のごとく消費しています。
 
小たみちゃんのリクエストTOP2は、何と言ってもフレッシュコーンスープともろこしご飯。
 
ろこしご飯は、この季節、明けても暮れても食べている真夏の定番。Dsc00424削いだトウモロコシをお米と塩、お酒だけでたくシンプルな美味しさとプチプチとした食感が食欲をそそる炊き込みご飯。
 
時間のない休日のお昼ご飯は、ご飯が炊きあがる合間にささっとおかずも用意。Dsc00432 さっくさくのアジフライに新玉ねぎのマリネサラダ。
 
さささ、皆、お昼ご飯できましたよー!Dsc00442もろこし定食。
 
アジフライなんてメインにも負けない人気を誇るもろこしご飯。もろこし番長は、今年もお代わりが止まりませんでした。
 
夏もいよいよ後半。もろこしラストスパート。
 
今年も夏限定の味を、しっかりと噛み締めたいと思います。

| | コメント (0)

月刊オムライス ~2017年6月号~

おこしやす!

 
もういつのことだか、思い出してごらんというのにも無理がある、6月の月刊オムライスです。
 
雨でジメジメとした梅雨の季節、6月のオムライスはそんなジメジメとした空気を爽やかにしてくれる、野菜たっぷりのオムライスを。Dsc00382パプリカオムライス
 
何年か前にも一度作ったパプリカソースのオムライス。アルミホイルに包んだパプリカをオーブンで丸焦げになるくらい焼き、皮を剥いて、オリーブ油で蒸し焼きにしたジャガイモ、玉ねぎ、人参とパプリカを煮てミキサーへ。塩で調味したら出来上がり。
 
パプリカの甘みと香りが引き立つ、野菜たっぷり濃厚ソースです。
 
サラダはちょうど下呂の実家からどっさり届いた夏野菜で、Dsc00362_1新玉ねぎのどっさりマリネサラダ。
 
トマトもキュウリも玉ねぎも、下呂産です。紫大根は鎌倉産。
 
Dsc00374 Dsc00370 グラスには夏の定番、トウモロコシの冷製スープ。野菜たっぷりの6月オムライス、頂きます!
 
中のご飯は、天才が生んだこれ。Dsc00394_1タコの炊き込みご飯、バジル風味。
 
もう、あの時の自分、天才だったとしか思えないタコの炊き込みご飯。最後に刻んだバジルを混ぜたイタリア風の炊き込みご飯は、自分を自分で褒めてあげたい系の夏らしく爽やかな味わい。よくぞ思いついたな、自分。
 
パプリカソースはその香りと甘みから、どんなにたくさんかけても味がしつこくならず、最後の一口まで飽きのこない美味しさでした。
 
ジメジメと汗ばむ梅雨の季節を吹き飛ばしてくれるような、爽やかオムライス。雨や曇りで暗いお部屋の中も、鮮やかなパプリカソースでパッと華やかに彩りました。
 
ソースは残ったらそのままスープとしても美味しいよ。是非一度、ご賞味あれ!  

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

朴葉寿司2017

おこしやす!

 
先日、出張のため新宿へ行ったので、お楽しみランチはこちら。Img_1737都庁の職員食堂にて、夏野菜天重690円。(うどん、味噌汁付き)
 
都庁32階の職員食堂を一般公開しているという情報を聞きつけ、堅物のお面をかぶって行ってきました。都庁の入館申請書に「行き先:食堂」と書けば一時通行証をもらえるので、あとはエレベーターで32階へGO!
 
こんな物好きは私だけかと思いきや、普通に親子連れや昼下がりのマダム御一行様もいて、みなさんよくご存知で。
 
ちなみにこの日の食堂の献立は、「さぼてん」のとんかつ定食が500円ということで迷いましたが、天重に半熟卵の天ぷらが乗ってると聞き、こちらに決定。味は値段相応でしたが、展望席からこの安さでランチをしながら東京近郊を一望できるとなれば、その価値はプライスレス。
 
充実のお昼休みでした。
 
さて、都会派のランチから一転。6月初旬、実家の母から岐阜県民のソウルフード、朴葉寿司が届きました。Dsc00212ここ数年はお店に注文したものを送ってくれていた母。今年は何年かぶりに、母手作りの朴葉寿司が届きました。
 
朴の葉も、ひふみばあちゃん宅の裏の畑でばあちゃんと2人、せっせと取ってきてくれたようです。久々に、愛情がたっぷり詰まった朴葉寿司を頂きました。
 
Dsc00215 彩豊かな田舎の押し寿司は華やかそのもの。
 
酢飯には朴葉の香りがほんのり移り、爽やかな夏の味覚。
 
ご飯もおかずもしっかりと食べられる故郷の味を食し、今年も夏を乗り切る準備が整ったのでした。

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

ベリークリームケーキ

おこしやす!

6月、おたみ食堂は開店7周年を迎えました。いつもご愛読頂きありがとうございます。
 
そして、同時にやってきた店主35歳生誕記念。今年も我が家の未来の巨匠、洛西口氏がてんてこまいにその腕を振る舞う日がやってきました。密かな人気コーナーです。
 
今年は、小たみちゃんにも全面的にお手伝いをしてもらおうと、凝ったケーキはやめてシンプルに2段ショートケーキに挑戦。Dsc00206朝から順調に焼きあがるスポンジ。
 
小たみちゃんも洛西口氏も大奮闘。Dsc00190チョコレートを溶かしてフィンガーアート。Dsc00284前日の鎌倉ハイキングで買った鳩サブレーにアイシング。Dsc00264仲良く2段ケーキを組み立てて、Dsc00276たっぷりクリームを塗って、飾り付けをしたら、いよいよ洛西口氏と小たみちゃんの傑作が完成。
 
クランベリージャムを混ぜた、チェリーとブルーベリーの2段ショートケーキ。
Dsc00304 上段には小たみちゃんが火傷をしながら作ったホワイトチョコの羽をあしらい、Dsc00306洛西口氏がアイシングした鳩サブレーには、最近字が書けるようになった小たみちゃんが書いたチョコプレートをデコりました。
 
Dsc00307_1 可愛いケーキが出来上がり、浮かれるアラフォーの新参者。
 
道中長い道のりでしたが、今年は日が暮れる前に出来上がってちょうど3時のおやつに。しっとりと密度の高いスポンジに甘さ控えめのケーキは年々腕を上がると共に美味しさもアップ。2段重ねて嵩高いケーキを贅沢にいただきました。
 
今年は、お手紙や、保育園のお散歩でプレゼントに拾ってきてくれた花や葉っぱ、チョコプレートにも上手にメッセージを書いてくれたりと、たくさんお祝いしてくれた小たみちゃん。
 
お手紙は私の留守中に内緒で書いてくれていたみたいですが、保育園の帰り道にうっかり「おたみちゃんに内緒でお手紙書いて、お部屋に隠してあるから内緒ね!」と口が裂けてしまい、こちらも当日まで知らないフリをして過ごしました。
 
そんな心温まるエピソードとともに、小たみちゃんと洛西口氏に感謝の1日でした。
 
いよいよブログも8年目に突入し、店主もアラフォー。中堅どころですね。
 
これからも、目、肩、腰に気をつけて邁進して参りたいと思う所存です。  

| | コメント (0)

2017年7月21日 (金)

鎌倉deハイキング

おこしやす!

 
鎌倉でお買い物観光を楽しんだ数日後。私はまた、鎌倉へとやってまいりました。
 
梅雨入り前最後の週末に、家族で鎌倉ハイキング。Img_1364今回は、北鎌倉から浄智寺、葛原岡神社を通り抜け、江ノ電の長谷駅を目指す裏大仏コースに挑戦。
 
北鎌倉の駅に降りると鳩サブレーの豊島屋を見つけ、早速おねだりをしていた小たみちゃん。お土産はハイキングのご褒美にと、鳩サブレーをグッと我慢して、いざハイキングコースへ突入。
 
しばらく平坦な道を進み、山中に入ると、Img_1378木の根っこが張り巡らされた段差もありましたが、5月の大山登山でこんな道もなんのその。マイナスイオンを浴びながら、山道を進みます。Dsc00033_1山間からは、相模湾の眺望も。
 
そして、このハイキングのお目当の一つ、Dsc00008_1銭洗弁天に到着。
 
金運を上げるべく、Dsc00019_1ザルにお金を入れてじゃぶじゃぶ。お札を洗っている方もいましたが、そこまで大盤振る舞いができない小心者は小銭を洗いました。きっとこのご利益もその金額に比例するのだろうと後ろ髪を引かれつつ。
 
銭洗弁天で洗ったお金は使った方がご利益があるということで、洗ったお金でお昼ご飯!今回はハイキングコースの山中にポツリと現れるこちら。Dsc00062樹ガーデン。
 
森の中に現れた看板を目印に、山道を下ると、Img_1444なんということでしょう。森に浮かぶカフェ。Img_1439まるでラピュタを彷彿とさせるモザイク調の煉瓦造りにパラソルの景色は、ハイキングの疲れを忘れてしまうような異空間。
 
登山やハイキングはいつもお弁当持参ですが、今回はこちらでランチ。Dsc00087小たみちゃんが注文したクロワッサンプレートが一番美味しそうでした。。。
 
さて、小腹を満たしたら、再び長谷を目指します。長く続いた山中も最後は、Img_1452_2後続の奥様方に見守られながら、ロープ伝いで岩場を降りて山道も終了。
 
そこから観光客で賑わう商店街を歩き、「長谷」まできたならばと紫陽花の名所、Dsc00166長谷寺へやってきました。もうヘトヘトに疲れてご褒美のアイスが食べたくてグダグダになっている小たみちゃんに更なるだめ押し。
 
Img_1453 手入れされた庭に咲く紫陽花。様々な色や形の紫陽花に囲まれて、Dsc00129_2ここでもまた、高台からは相模湾に浮かぶ三浦半島を眺めることができ、絶景の観光スポットでした。
 
こうして、思わぬ観光を強いられヘトヘトになった小たみちゃんも最後まで自分の足で歩き長谷駅に到着。Dsc00173江ノ電に揺られて鎌倉駅に無事到着。
 
ご褒美のアイスを食べたら、最後は小たみちゃんの大好物、Img_1485鳩サブレーをお土産に帰路に着いたのでした。
 
自然と街、歴史ある名所をめぐり、魅力溢れる鎌倉の旅。巡る度に、様々な視点から楽しめる鎌倉はまだまだ行ってみたいところがいっぱい。
 
次は秋の鎌倉も旅してみたいものです。

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

リベンジのカレーパン

おこしやす!

 
昨年、きゅうりとトマトに惜敗した我が家のカレーパン。(こちら
 
今年こそはと、一年ぶりにカレーパンを作ってリベンジ。夜な夜な作った野菜のキーマカレーを弾けんばかりに詰め込んで、Dsc09877_1焼きカレーパン、もこもこ。Dsc099033つだけ揚げカレーパンに。隣には、関西風タマゴサンドもご用意しました。
 
家で作る揚げカレーパンはすぐにベタっとしてお店のように美味しさが長持ちしないので、揚げたてはすぐに食べる人数分だけ。あとは焼きカレーパンで美味しさを保持。
 
まだ5月だというのに、早くも始まってしまった、Dsc09881_2フレッシュコーンスープ。
 
4月くらいから兎にも角にもコーンスープが飲みたいと転げ回っていた小たみちゃんのご期待にお応えして。
 
グレープフルーツとアボカドのサラダも添えて、Dsc09898_1 揚げたてカレーパンをどうぞ美味しく召し上がれ!
 
揚げたてのカレーパンを指して、「一番大きいヤツ!!」と手を伸ばした小たみちゃん。今年はきゅうりとトマトに負けず、まずまずの滑り出し。Dsc09910ターメリックを練りこんだ生地の中からは、豆や野菜がゴロゴロと出てくるスパイシーカレー。
 
が、小たみちゃんはカレーパンを半分ほど食べたところでコーンスープの虜に。鍋に残るスープをお代わりしながら、ジュースのようにゴクゴクと飲み干しました。朝からせっせと作ったカレーパン、今年はもろこしに完敗。
 
気を取り直して。たっくさん作ったカレーパンは今年もご近所さんやお友達へおすそ分け。Dsc09939マリメッコのナフキンに包まれて、お嫁に行ったのでした。
 
まさかの刺客で主役の座を奪われたカレーパン。主役を引き立てる副菜づくりも、明日への課題となったのでした。

| | コメント (0)

鎌倉deお買い物旅

おこしやす!

 
5月の終わり。出張で神奈川県西部まで出かけたので、帰りは藤沢から江ノ電に揺られ、鎌倉を観光して帰ることに。
 
藤沢から海を眺めながら江ノ電に揺られ、由比ヶ浜で下車。民家街を通り抜けて、向かった先は、Img_1322生麩屋さん。神奈川県では珍しいという生麩屋さん。こちらは麩まんじゅうが有名ということで、まずはお土産に3個ゲット。
 
そして、隣駅の和田塚まで歩き、到着したのはこの鎌倉旅の目的地、Img_1327甘味処「無心庵」。
 
こちらのお店、何が有名ってこの線路の近さ。江ノ電の線路に寄り添うように佇む古民家。「線路内立ち入り禁止」とは書かれているものの、ここに到着するまでの道はまさに線路際を歩くため、日傘なんかさして、電車が走ったら完全にアウトな狭さ。
 
Img_1331 線路から一足入り、暖簾をくぐり、中庭を眺めながら情緒あふれるお座敷で、お昼ご飯代わりにこちらを頂きました。Img_1335クリームあんみつ。
 
急須に入れられた黒蜜をたら〜っとかけて頂きます。Img_1338ふぅ〜。
 
これがお昼ご飯だなんて、母ちゃんが聞いたらこっぴどく怒られそうだけど、これも大人の贅沢ということで。
 
さて、庭先に走る江ノ電を眺めながらあんみつをゆっくり頂いたら、和田塚から炎天下の中歩いて鎌倉駅を目指しました。次に到着したのは、Img_1344鎌倉野菜直売所。Img_1339Img_1342地元で採れた新鮮野菜がずらり。
 
目移りしながら、鎌倉野菜を選び、よいこらしょっと担いだら数百メートル歩いて、お買い物旅の次なる目的地へ。Img_1346イガラシロミさんプロデュースのジャム専門店、ロミユニ。
 
うっとりするようなジャムの数々に魅了され、旬のジャムと鎌倉店限定のクリームをゲット。
 
麩饅頭、鎌倉野菜、ジャムとお土産盛りだくさんで、最後は鶴ヶ丘八幡宮を訪れ、あれこれと幸あれと願って帰ってきたのでした。
 
家に着くと、保育園から帰ってきた小たみちゃんにせがまれ、お買い物の品を披露。Dsc09943_1小たみちゃんは鎌倉野菜の紫大根はさつま芋と勘違いし、黄色い変形ズッキーニを見ると、
 
「これ!赤い髪の人が作った南瓜だ!!」
 
と、数ヶ月前に行った草間彌生展で見た南瓜のオブジェを連想して大喜び。草間さんが収穫したわけじゃないけどね。
 
出張帰りのぶらり鎌倉の旅。
 
美味しい午後のお散歩でした。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

肉一番

おこしやす!

 
昨年に続き、今年も義父から大変立派なお肉が届きました。Dsc09852…は、拍手!!
 
それでは今年も焼肉を!と意気込みましたが、脂の多いお肉だからと、昨年とは趣向を変えてすき焼きで頂くことに。Dsc09830みんなこの香りだけで、まずはご飯が一杯行けるのではないでしょうか。
 
Dsc09838子供達はちびおむすびとキュウリとトマトがあれば大満足!大人3人で贅沢に頂きます!
 
こんな美味しいお肉、家で食べたことないと感動ひとしおのお客様。もうこれでは、中途半端な安売りの肉ですき焼きをしようなんて思えない。
 
すき焼きがおおよそ食べ終わり、お肉はあと半分。残り半分のお肉は赤身が多いと聞き、皆「ちょっとそれはやり過ぎじゃないか。。。」と、後ろ髪引かれつつ、やってしまいました。Dsc09871焼肉。
 
すき焼きのシメが焼肉という、誰もがこれまでの人生で経験したことのない贅沢ぶり。IHヒーターで加温していたすき焼き鍋を、焼肉用の鉄板にスルーするという、なんともしなやかな流れ。
 
一日にすき焼きも焼肉もなんて、上半期の運を全て使い果たしてしまった私たち。あとは寿司と天ぷらがあれば最高だ!と、調子こいたことも口走ってみました。
 
ま、5月の終わりともなれば、ちょうど上半期に使い残していた運も取りこぼしなく総ざらえできたのではないかと、ほっと安堵。
 
美味しいお肉をありがとうございました。またどうぞ来年もよろしくお願いします。
 
と、早めの年の瀬の挨拶に変えさせて頂きつつ。下半期もまた、運の節約が始まったのでした。

| | コメント (0)

«パン耳プディング