« ベーコン巻とキャベツ鶏ムネ肉丼 | トップページ | 秋の芋弁 »

2010年10月24日 (日)

栗菓子と救済オムレツ弁当

おこしやす!

相変わらず食欲の秋真っ只中のおたみ食堂へ、ようこそ。

引っ越して早一ヶ月。片道45分の徒歩通勤が電車通勤になり、何だか運動不足気味なので先週末から週末ウォーキングを始めた。朝7時から隣駅まで歩いて往復1時間。朝の清々しい空気を吸いながら腕を振って、足を挙げてワンツーワンツーと、休まないで歩いております。

で、昨日はその朝ウォーキングで栗を拾って帰って来た。

ウソ。朝7時半から営業している中村軒に立ち寄り、つい買ってしまった秋の味覚。ついね、つい。

Dsc01075_r Dsc01076_r 中村軒の栗大福と栗ちゃっきん。

栗大福は大きな栗が一粒、程よい甘さの粒あんと餅に包まれております。栗はだた蒸してあるだけなので、栗そのままの風味で甘いあんことよくあいますこと。栗ちゃっきんは金団の中に粒あん。ちゃっきん絞りって何故あんなに上品な味なのかしら。雑巾絞りとは大違い。

スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋。秋の楽しみ方は色々とありますが、食欲の右に出るものはございません。

そして明日の弁当です。

今日は家でゆっくりご飯作って、食べて、お弁当詰めて…と家事日和にしようと思っておりましたらば、昨晩呑んだくれて帰ってこなかった洛西口氏が大学時代の伝説ロックバンド、”山・谷・川”を引き連れて帰宅。

奈良から鹿に乗ってやってきた谷氏の、”金閣寺に行きたい”というご要望にお応えして、急遽家事返上で金閣寺に行ってしまったので、あり合わせで弁当を。

Dsc01083_r 明日の救済オムレツ弁当。

  • 白ご飯、ゆかり
  • 洛西口氏作、ベーコンのオムレツ
  • 切干大根煮
  • かぼちゃ煮
  • 人参とかぶの味噌漬け

洛西口氏がオムレツを作りたいと自ら立候補してきたので一仕事任せたら、いったいどう詰めていいのか分からないオムレツを作ってきあがった。

一丁前にフライパンを煽る姿は、姿だけ。煽れば煽るほど崩れるオムレツと、それを詰める私の身にもなってほしい。まるで浴衣がハダけたようなオムレツは、私の応急処置によりパセリが施され、一命を取り止めました。

鍋洗いから出直してこい!

|

« ベーコン巻とキャベツ鶏ムネ肉丼 | トップページ | 秋の芋弁 »

おやつ」カテゴリの記事

お弁当」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベーコン巻とキャベツ鶏ムネ肉丼 | トップページ | 秋の芋弁 »