« ひとり弁当 | トップページ | アチマ&バースデー »

2011年8月 4日 (木)

トリコ弁当

おこしやす!

毎日毎日僕らは鉄板の上で焼かれていやんなっちゃうよ。

と、たい焼きの気持ちが痛いほど分かる毎日。毎日毎日副業が忙しくていやんなっちゃうよ。そんなこんなで今週は毎日残業なくせに、冷蔵庫の夏野菜と戦う日々。

まずは昨日の夏野菜処分弁当。鶏肉とモロッコいんげんと青唐辛子をラトナカフェのガラムマサラで炒めて時間が無い時にピッタリなスパイシーな炒め物。Dsc06708_r 昨日のインド弁当。

  • 白ご飯
  • ひじきしぐれ
  • 鶏とモロッコいんげんと青唐のスパイス炒め
  • ミニトマトのマリネ
  • コンキリエのアンチョビサラダ
  • セサミポテト

そして本日の弁当は、以前ラトナカフェで習ったトルコ料理、「インゲンのオイル煮」。二日連続インゲンに明け暮れました。Dsc06724_r 本日のトルコ弁当。

  • 白ご飯
  • ひじきしぐれ
  • インゲンのオイル煮
  • コンキリエのアンチョビサラダ
  • セサミポテト
  • ピクルス(キュウリ、人参)

そして明日もトルコです。ラトナカフェでトルコ料理を習ったり、新潟生活のしろさんのトルコ料理に見とれてるうちに、すっかりトルコのトリコになってしまった私。

しろさん曰く、トルコ料理は日本でも採れる夏野菜を使った料理が多いということで、毎年毎年ウリや茄子に追われる我が家にはもってこい。

そんなワケで先週末、ついに買ってしまったトルコ料理のレシピ本。料理研究家、萩野恭子さんの「家庭で作れるトルコ料理」。本日はこの中から、茄子のピラフ。Dsc06726_r 明日もトルコのトリコ弁当。

  • 茄子のピラフ
  • セサミポテト
  • コンキリエのアンチョビサラダ
  • インゲンのオイル煮
  • ミニトマトのマリネ

レシピではオールスパイスを使っている茄子のピラフ。「クローブ」「シナモン」「ナツメグ」の三種のスパイスの香りがすることから名づけられたオールスパイスが無かったので、その三種の香りと言われるクローブ、シナモン、ナツメグを使った。

香りがいいよね。ほいで、茄子のみずみずしさがちょっと硬めのご飯によく合います。まだまだ夏野菜との長く暑い戦いはこれから。

トルコ料理でいつもとは一味違う夏野菜を楽しみたいと思います。

以上、今週は異国情緒たっぷりでお送りしました。

あー和食、食べたい。

|

« ひとり弁当 | トップページ | アチマ&バースデー »

お弁当」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとり弁当 | トップページ | アチマ&バースデー »