« パンダコパンダ 〜来たぜ、本番!〜 | トップページ | 夢の栗ごはん »

2016年11月26日 (土)

御岳山、登りました。

おこしやす!

 
パンダコパンダの屋外上映会に沸いた翌日。
 
パンダパンを作り、もう何ヶ月分もの力を使い果たしていましたが、弱音を吐く間もなく朝5時半起きで、小たみちゃんを連れて秋の登山に行ってきました。
 
今思い返せば、ものすごい体力だったと思います。
 
今年は春に初めての山登りで高尾山登山に挑戦した小たみちゃん。今回は、子供と楽しめるハイキングコースがあると聞いて、東京都青梅市にある御岳山に行ってきました。
 
前日のパンダコパンダ同様、山登りの日も午前中の御岳山は雨予報。午後には雨が止むという予報を信じて大雨の中、登山口に向かいました。Img_8493登山口の駐車場に着くと、願いが通じたのかちょうど雨が止み、滝本駅からケーブルカーに乗って登山コースのスタート、御岳山駅へ。
 
今回は大人の足で2時間40分。御岳山駅から天狗岩、綾広の滝を目指すロックガーデンコースに挑戦。
 
御岳山駅から10分ほど歩いたところで、お手洗いを借りようと案内施設のビジターセンターに入ると、御岳山の歴史や魅力を伝える展示物に目を惹かれ、いきなり足止め。Img_8510昔の暮らしを体験する洛西口氏。Img_8501小たみちゃんも体験式の展示物に夢中。Img_8508おーい、行きますよー!
 
お手洗いを借りただけなのに、随分遊びましたが、なんとか軌道修正しハイキングコースへ。Dsc04428と思ったら、次はお土産屋さんのおもちゃ売り場で捕まり、立往生。Img_8524なんとか連れ戻し、ようやく真面目に歩き出した小たみちゃん。初めの難所は御岳神社に続く長い階段。Dsc04451神社に着いたら、早めの休憩。休んでばっかりで進まないんですけど。Img_8541_2神社を過ぎたら、次は天狗岩を目指して子供とのハイキングにお勧めという七代バイパスから下り道。隣に平坦な道があるのに、わざわざ岩や根っこの上の歩きたがる人。Img_8565直前まで雨が降っていたので、足元は泥らだけ。大切な靴に泥が着くたびに、召使いに掃除を要求する姫。Dsc04508
ロックガーデンに入るとこの通り、沢の飛び石と石の階段をひたすら登ります。Img_8571_2 小たみちゃんも洛西口氏の手を借りてジャーンプ!
 
長い飛び石のコースで疲れも出て、お腹が空いて小たみちゃんの怒りも満潮に達したところで、ようやく待ちに待ったお弁当タイム。Dsc04521食べるとなれば話が早い人。Dsc04529ずん!Dsc04526ジャン!
 
前夜、パンダコパンダの上映会が終わり、この数日全く冷蔵庫の食材の管理が出来なかったので、ありものでお弁当を作ってきました。早朝に予約して炊いた炊き込みご飯、卵焼きたっぷり、冷蔵庫に残っていたきゅうりの和え物、巨峰。
 
そして、冷凍庫にあった我が家の非常食、パンダパン。いくら山だからと言って、野生のパンダではありませんので、悪しからず。Dsc04539お腹が空いて力が出ない人、おにぎりパクパク。マイナスイオンたっぷりの森の中でエネチャージ。
 
お腹がいっぱいになったら、またひたすら飛び石を渡り、石段を登って、今回の登山の最終目的地、綾広の滝に到着。Dsc04547鳥居を前に、こうして今回も無事、小たみちゃんとここにたどり着いたこと、一ヶ月間に及んだパンダパン作りを無事終えたこと、たくさんの想いを込めて礼拝。
 
で、想いを込めすぎたのか、この後私は腹痛に襲われ、洛西口氏に小たみちゃんを託して、早足で30ほど先の休憩所を目指し一目散。残した二人がその後どんな景色を楽しんだかはよく知りませんが、とにかくお腹が痛かった。
 
人生色々、山あり谷ありの登山でしたがやっとの思いで下山してくると、2時間40分のハイキングコースに費やした時間はなんと5時間。小たみちゃん、今回も抱っこは一度も求めず、良く頑張りました。
 
3歳児の体力おそるべし。
 
今回もまた、紅葉前の鮮やかな緑の中、山道や飛び石を歩き、花や小川の水に触れ、日常にはない世界を体感した小たみちゃん。また一つ、たくましくなりました。
 
そして、帰宅後、私は数日前の小たみちゃんの風邪が移ってしまい、40度近くの熱を出して2日間寝込むハメに。
 
疲労を余すことなく全身でアピールしたのでした。
 
あれは波乱万丈だったな。
 
これに懲りず、山登りよ!また来年!!

|

« パンダコパンダ 〜来たぜ、本番!〜 | トップページ | 夢の栗ごはん »

お弁当」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンダコパンダ 〜来たぜ、本番!〜 | トップページ | 夢の栗ごはん »