« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

Merry Birthday

おこしやす!

 
いよいよ、おたみ食堂も今年最後の更新。
 
今年最後のおたみ食堂は、年が明けてすっかり熱が冷めないうちに、今はまだギリホットなクリスマスのお話を。
 
小すずちゃんとの合同お誕生日会が終わり、いよいよお誕生日当日を迎えた小たみちゃん。
 
とはいえ、お誕生日当日は平日ということもあり、家で大したお祝いも出来なかったので、休みの日にでも何かお誕生日のご馳走を作ろうと思いながら、足早に過ぎる12月。
 
やれ忘年会だ、やれ冬至だと、気がつけばクリスマス。結局大人の事情で、もうこの際、クリスマスのついでにお誕生日も祝うことに。12月生まれあるある。
 
というわけで、今年も例年同様、お誕生日パンを作り、ついでにクリスマスの雰囲気もグッと盛り込みました。Dsc06698シナモンロールツリー&カップサラダ。
 
小たみちゃん4歳の記念に、「4(シ)ナモンロール」を焼いてクリスマスツリーに。
 
前日にシナモンロールを大量に焼き、星と数字の4をあしらうためクッキーも作りました。Dsc06725見て、この押し込んだ感。
 
星と4のクッキーを作った残りの生地を、型抜きしていたら、クッキーの生地って抜いてまとめて広げて…もうエンドレスで型抜きができるので、最終的に面倒になり、一枚のプレートにして、その日の思いをストレートに込めました。
 
「HAPPY BIRTHDAY MERRY X'MASS」
 
シナモンロールのアイシングクリームは、小たみちゃんが塗ってくれたので、とっても無造作な感じに仕上がって雰囲気もバッチリ。
 
そして、この日は小たみちゃんの大好物。Dsc06785マカロニえびグラタンを焼いて、クリスマスらしく鶏のトマト煮も添えて、パーティーの準備が整いましたよ!
 
Dsc06807Merry Birthday!!
 
品数は少ないですが、皿に更に皿と皿を乗せるという、一見豪華に見えて洗い物が無駄に増えるスペシャルテーブルセットです。
 
思い返せば、サラダは盛り付けは違いますが、3年連続いつものスパイスサラダ。芸がありませんが、小たみちゃんが一番好きなサラダだからという言い訳。
 
で、やっぱり小たみちゃんは大好物のグラタン、サラダをお腹いっぱい食べて、シナモンロールツリーはメッセージプレートの特大クッキーを独り占め。
 
そんな大きなクッキー、私でも鳩サブレーくらいしか食べたことなのに、羨ましいお誕生日です。
 
クリスマスとお誕生日を兼ねた大人の事情を知らない小たみちゃんは、この日、盆と正月が一緒に来たような様子で大喜び。食後には更なる大サービスを。Dsc06822近所のパン屋さんのシュトーレンと、この日のために購入したロマンワイングラスにはグレープジュース。
 
ワイングラスを片手にシュトーレンを食べる4歳。そんな暮らし、花輪くん家くらいだと思いますよ。
 
こうして、何度も何度もワイングラスで乾杯をして、家族3人のささやかなパーティーを楽しんだのでした。
 
さて、4歳になった小たみちゃん。今年一番嬉しかったことは、Img_9528自転車に乗れるようになったこと。
 
4歳目前の3歳11ヶ月。ついに、小たみちゃん念願の自転車に乗れるようになりました!
 
何事においてもマイペースでのんびり屋さんですが、自転車に乗りたいという気持ちは人一倍強かった小たみちゃん。保育園の休日にコツコツとキックバイクで練習を重ね、補助輪を外して乗れるようになりました。
 
性格はおっとりしている割に、何でもやってみたいと好奇心旺盛で、4歳になるにつれて自転車だけではなく、お絵描きや、ひらがなを読む練習をしたりと、様々な面で積極的な姿を見られるようになった小たみちゃん。この1年も目覚ましい成長を見ることができました。
 
私たちも、そんな気持ちや姿を見守りながら、何事も応援する気持ちを大切に、これからも温かな家庭を築いていきたいと思います。Dsc067404歳、おめでとう!!
 
と、言ったところで、おたみ食堂も年内はこれにて営業終了。
 
思い返せば、今年は神奈川県松田町へ河津桜を見に行き、春には初めての潮干狩り。GWは小たみちゃんと初めての登山で高尾山へ。夏は下呂へ帰省。秋には映画「パンダコパンダ」の上映会でまさかのパンを販売し、その翌日にはお腹に激痛が走った御岳山登山。
 
その他、ブログには綴れませんでしたが、6月には京都へ帰省し、その翌週に山梨県へさくらんぼ狩り、9月は福井、金沢へ家族旅行。10月はディズニーシー、12月は保育園のクラス会の幹事を担当するなど、おたみWikiに刻まれる1年だったと思います。
 
挙げたらキリがないほど思い出がたくさん詰まった2016年。本当によく飛び回った2016年。でもやはり、一番の思い出はパンダパンの販売。
 
こんなただのブロガーに思っても見ないチャンスを頂き、一つのことに向き合うことの難しさを学び、自分が作ったものを誰かが手にして喜んでくれている姿を見たときの感動は、一生忘れられない思い出になりました。
 
今年もこうしておたみ食堂を営業できたのも、家族の支えと、ブログを楽しみにして下さる皆様のおかげ様様です。
 
一年間、自分でも読むのが面倒なくらい長々しい文章と、素人のなりきり料理にお付き合い頂き、本当にありがとうございました。
 
来年はどんな一年になるか分かりませんが、とりあえず今年初めての潮干狩りで熊手を買ってしまったので、来年も潮干狩りは行きたいと思っております。
 
どうか来年も、電車の待ち時間、お仕事の昼休み残り5分、家事洗濯の合間など、お気軽におたみ食堂をご利用頂けますと幸いです。来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
それでは、良いお年をお迎えください。
 
おたみ食堂 店主。

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

一緒にお誕生日会2016

おこしやす!

 
すっかり恒例になりました。小たみちゃんと同じ産院で生まれた生まれつき幼なじみ、小すずちゃんとの合同お誕生日会。
 
今年も2人揃って、元気にこの日を迎えることができました。Dsc05816早いもので、もう4歳です。今年はミニーちゃん好きの小たみちゃんに合わせて、小すずちゃんママさんがミニーちゃんカラーで飾り付けしてくれました。Dsc057762人とも、すっかり女の子らしくなりましたね。
 
まずは、恒例となった子供達によるクッキング。昨年まではアンパンマンパン作りを一緒にしていましたが、そろそろアンパンマンも卒業。今年は少し志向を変えて、Dsc05789子供と楽しめる、シウマイ作りに挑戦。
 
これ、小たみちゃんの保育園のお友達ママさんから教えてもらったシウマイ作り。小たみちゃんは家でも何度かやったことがあるので、小すずちゃん家のおもちゃで遊びたい気持ちをグッとこらえて、シウマイ作りが初めての小すずちゃんのお手本となって調理。Dsc05799ハサミで切り刻んだシウマイの皮の上を肉団子を作ってコロコロコロ。あとは蒸したら出来上がり!Dsc05829シウマイを蒸している間に、あっという間にご飯の準備も出来上がりましたよ!
 
Dsc05847 今年は華やかに、手巻き寿司でお祝い。Dsc05885 主役の二人もバースデーティアラをつけて、Dsc05906 いつもの帽子もセット。今年はプリンセスブームに合わせて豪華バージョンです。
 
みんなで賑やかに、手巻き寿司とシウマイをいただきます!Dsc05922ご飯中までは姫になりきれない2人。小たみちゃんはね、ひたすらキュウリ巻きばかり食べました。
 
お腹がいっぱいになったらプレゼントタイム。Dsc05931今年もお揃いのプレゼント。何かな何かな。Dsc05940ジャン!織り機。
 
見た目の可愛さと面白そうだったので、買ってみましたが、見たこともない子供達は反応薄。小たみちゃんなんて早々に離脱していきました。おーい!
 
気を取り直して、お待ちかね、ケーキタイム。Dsc05963小すずちゃんのママさんがカップケーキを焼いてくれたので、Dsc05982みんなでデコレーション。Dsc06002プリンセスにふさわしいアフタヌーン・ティー風。
 
ローソクに火を灯して、ハッピバースデイの歌を。Dsc06015最後は2人息を合わせて、Dsc06016 ふー!!
 
今年も1年間、健やかに成長してくれて、ありがとう。
 
年々2人の個性が出て、遊び方や好き嫌いも様々。年に一度の合同お誕生日会は、そんな2人の成長を見て、お互いに刺激を受け合ういい機会になりました。
 
共に始まった育児生活も5年目に突入。子供の成長と親としての成長は、いつも追いつけ追い越せ。そんな中で、こうして育児を相談し合える家族がいることは、とても幸せなことだと感じます。
 
これからも、2人が健やかに、そして私たちも子供と共に成長して行けますように。
 
来年もまた、元気にお誕生日会しようね!

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

夢叶うメロンパン

おこしやす!

 
11月。近所に住む、小たみちゃんのお友達、Nくんとパンを作る約束をしました。
 
実は私、あのパンダパン以降、しばらく燃え尽き症候群でパン作りを遠ざかっていたので、パン作りはパンダパン以来の久々。久しぶりなのに、未知のメロンパン。
 
Nくんのお母さんによると、メロンパンが大好きなNくん。最近はもっぱらパンといえばメロンパンしか食べないとのことで、それならば私も初挑戦のメロンパンを一緒に作ることに。
 
Dsc05734 幼なじみのNくんと、仲良く並んでパンづくり。Dsc05740_1 捏ねて、ガス抜き、分割と、2人で黙々とお手伝いしてくれました。私も久々に小たみちゃんと楽しめるパン作りということで、子供たちの姿がとっても微笑ましく見えました。
 
分割後は、Nくんと小たみちゃんがパズル遊びに夢中になっている間に、私とNくんのお母さんと2人でせっせとメロンパンの成型。2人とも初めてのメロンパン作りで思いの外クッキー生地の扱いが難しくて苦戦。
 
もう子供たちのことはすっかり忘れて没頭しているうちに、何とかメロンパンが焼き上がりました!Dsc05750_2わー!たくさん焼けたね。Dsc05751_1みんな集まって、お昼ごはんですよ!
 
前日に作っておいたかぼちゃスープと発酵中に作ったサラダ、大きなメロンパンをたっぷり囲んでお昼ご飯。お腹を空かせた子供たち、一目散に集まってきました。
 
こんなにたくさんのメロンパン。メロンパンが食べ放題とは、子供も大人も夢のよう。
 
初めて作ったメロンパンの味は…
 
ここここれは、未だかつてない焼きたての美味しさ。これまで数々の焼きたてパンを食べてきましたが、ガリガリのクッキー生地の下で蒸し焼き状になったパン生地。外はガリガリ、中はふわふわのしっとり。
 
メロンパンのパン生地が美味しくないと外のクッキー生地しか食べないという、メロンパン通のNくん。今回はしっかり中まで頬張って食べてくれました。
 
子供達も大人も、大きなメロンパンを2個ずつ食べて大満足。大人はね、きっとあと2ついけました。
 
初めてのメロンパン、お家の前に「焼きたてメロンパン、最高!」と公約の看板を立てて自慢したいほど最高の美味しさでした。
 
ああ、思い出すだけでニヤける。ふふふ。

| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

新米パーティー2016

おこしやす!

 
秋から冬にかけて、おたみ食堂は年中行事の目白押し。
 
秋になり、新米、新米…とそわそわしていたら、ジャン!Dsc05569母から岐阜県産の立派な新米が届きました!拍手!
 
今年も姉家族や従兄弟のるいるい、パッと代わり映えはしませんが、毎年恒例の顔ぶれで新米パーティーを開催。Dsc05600ありがたく七合の新米を、土鍋や圧力鍋で炊きました。
 
で、例年の課題といえば、姉がおにぎり係を我先にとかって出る割に、おにぎりが大変ヘタクソなこと。
 
今年はどうにか例年の課題を克服したいと、前日にほとんどのメニューを作り置きして、私と洛西口氏が姉が作ったおにぎりを修正、フォローすることに。Dsc05609対策の甲斐あってか、例年よりも完成度が上がっているのは確か。これは明太子ね。Dsc05608姉のおにぎり具材チョイスで、角煮おにぎり。具材が隠れていないのは、何のおにぎりか分かるようにという施策です。Dsc05610今回はこんな変わり種も。蟹味噌の焼きおにぎり。
 
そしてサイドメニュー。今年はパーっと豪華に行きましたよ!Dsc05627洛西口氏がお肉の仕入れから奮闘した、ローストビーフ。ふ〜!Dsc05614エビとホタテのうま煮。Dsc05642昨年好評だったトマトの丸ごとサラダも作りましたよ!今年も新米をおなかいっぱい、イッタダキマース!!
 
例年、どのおにぎりがどこに幾つあるのか分からなくなり、最後に食べられなかった種類がある人や、知らず知らず同じ具材を2個食べてしまった人、あれこれトラブルがあるので、今回はお皿に具材名を表示して、行き渡りミスがないよう完璧な在庫管理。
 
地味な心がけにより、今回はみんなどの味も一つずつ楽しんで食べることができました。
 
そして、いつもお楽しみ、るいるいのお土産は、Dsc05692一等、出ました!大当たり!Dsc05694今年初、今井屋仁太郎の栗きんとんとパステルのプリンだにゃー!
 
るいるいがおにぎりパーティーに参加するとの話を聞いた叔母が、わざわざ岐阜県から送ってくれたそうです。Dsc05702贅沢に栗の味を味わえる岐阜銘菓栗きんとんも、にゃんころプリンも、子供たちに大人気。
 
今年はようやく完成度が上がった新米おにぎりをたっぷりと味わって、今年お初の栗きんとんとプリンも食べて、もうこれが正月でもいいのではないかと思うほど贅沢で美味しい一日。
 
今年も艶々の新米で、艶々の思い出がたくさん出来上がりましたよ!
 
新米よ、また来年!!

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

芋もち2016

おこしやす!

 
師走になり、おたみ食堂も勢いに脂が乗っております。
 
さて、立冬が迫った10月の終わり、母から立派な里芋が届きました。
 
里芋が届くと、居ても立っても居られない私。野口五郎と肩を並べる岐阜県民代表として、全世界、いや全宇宙に大きな声で広めたい、岐阜県の郷土料理、里芋の芋もちを作りました。
 
Dsc05444 里芋と白米を土鍋で炊いて、すりこぎで潰したらDsc05452 ギュッギュ。おはぎの要領でおだんご状に。
 
年々手つきが上手になり、しっかり握ってくれました。おんぶ紐でお人形をおんぶして、芋もち作り。雰囲気はバッチリですね。Dsc05489相変わらず、つまみ食いは欠かせません。
 
さて、今年も小たみちゃん大活躍、岐阜県が誇る里芋の芋もちが出来上がりましたよ!Dsc05499完成度は昨年とあまり変わらず。小たみちゃんの手の大きさで握ると、いっぱい出来るね。
 
タレは定番の生姜味噌と生姜醤油。
 
そして、付け合せは野菜をたっぷり使って。Dsc05511 同じく下呂から届いた南瓜で、海老のすり身蒸し。Dsc05519小たみちゃんがスーパーでおねだりして買った甘とうは、じっくり焼いてかつお節とお醤油で。
 
Dsc05530_1 自分で握ったものは自分で食べましょう。具沢山の豚汁を添えて、里芋の芋もち2016。
 
里芋とお米だけのシンプルな郷土料理ですが、私にとっては年に一度のご馳走。Dsc05526味噌と醤油でいくつでも進んでしまう、モチモチの芋もち。
 
例年、明太子や梅干しなど、色々とつけダレを試したけれど、やっぱり初心に戻って味噌と醤油が一番。どんなに郷を離れても、忘れられない味。そして、継いで行きたい味。
 
今年も故郷の味をお腹いっぱいご馳走様でした。

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

月刊オムライス ~2016年11月号~

おこしやす!

 
月刊オムライス、絶賛爆走中につき、3連発です。ふー。
 
11月のオムライスの日、私たちは小たみちゃんの保育参加のため休暇をとりました。
 
保育参加終了後、せっかくのお休みなので、小たみちゃんも連れてお出かけしようと、久しぶりにお店でオムライスを食べることに。
 
食後は品川アクアパークに行こうと、オムライスも品川で食べることになり、やってきたのはアリスアクアガーデン品川店。
 
結婚式場としても使われるオフィス街のレストラン。平日の昼間ということで、サラリーマンやOLのランチで大賑わい。
 
で、小たみちゃんと3人でオムライスを2皿、大盛りでオーダーし待つこと30分。サラリーマン向けのランチならば、すぐに出てくるだろうとお店に駆け込んだのに、待てども待てども出てこない。
 
ウエイターさんが運んでいるオムライスを目で追っても、私たちのテーブルにはやってこない。オーダーが通っていないのではないかと不安に刈られながら待っていると、ようやく出てきたオムライス大盛り。Img_9116桁違い。Img_5903オムライスの横に申し訳程度に乗ってきた、普通サイズのハンバーグがやけに小さく見える。ミートボールかと思いました。
 
確かに、このサイズは待てども待てども出てこないわけです。あまりの大きさに小たみちゃんも、
 
「でっけ!!」
 
と叫びました。
 
Img_5899 多分これくらい食べただけでもお茶碗1杯くらいはある。
 
東京ドーム何個分かと思うほど壮大なオムライス。これを休憩時間に食べきれるサラリーマン、出世すると思うよ。
 
そしてもう、どうにもこうにも消化できず、苦しんでいるというのにさらなる追い打ちが。Img_9128小たみちゃんにまさかのデザートサービス。
 
大勢のサラリーマンの中、一人ぽつりとちびっこが居たもんだから、厨房の方が気遣って「遅くなってごめんね。」とサービスしてくれました。
 
オムライスを早々に離脱して、路線変更した小たみちゃん。即戦力が一人抜けてしまい、あとは大人二人でひーこら頑張りました。
 
味はね、どちらかといえばデミグラスソースの方がご飯も美味しくて食べやすかったです。デカい以外の記憶といえばそれくらい。
 
今にも丘から転げ落ちそうなほどお腹がぽんぽんになった11月の月刊オムライス。
 
我が家のオムライス史に大きく歴史を刻んだ大皿逸品でした。

| | コメント (2)

月刊オムライス ~2016年10月号~

おこしやす!

 
師走なのでね、オムライスも突っ走っております。
 
さて、10月のオムライスはパンダパンもひと段落したので、気持ちを落ち着けて秋らしい一皿をご用意いたしました。
 
9月に洛西口氏の友人が華のイタリア出張に行ったため、お土産にこちらをいただきました。Dsc04666ポルチーニブイヨン。
 
何年か前にこれを頂いて、その美味しさの虜に。久々に我が家にこの味が戻ってきました。
 
10月のオムライスはありがたいお土産にぴったりな、キノコのオムライス。Dsc04691きのこと鮭のクリームオムライス。ポルチーニ茸本物は庶民のスーパーでは手に入らないため、しめじ、エリンギ、舞茸で8割型満足しました。
 
サラダは、Dsc04677りんごのスパイスサラダにレンコンチップスを添えて。
 
ポルチーニブイヨンで作ったオニオングラタンスープも一緒に、Dsc04725秋をたっぷりいただきます!
 
秋らしい小物を散りばめたら、とってもね、邪魔でした。
 
そして、中のご飯もポルチーニブイヨンを使って、Dsc04743マッシュルームのバターライス。
 
キノコの旨味と風味にコクのあるバターやクリームが加わり、寒くなってきた季節に温かみを感じる一皿。ポルチーニブイヨンで香りも豊かなオムライスに仕上がりました。
 
うまい!
 
次回、怒涛の月刊オムライス3連発。期待薄でお楽しみください。

| | コメント (0)

月刊オムライス ~2016年9月号~

おこしやす!

パンダパンの試作で猫の手も孫の手も借りたいほど忙しかった9月。
 
もうオムライスなんて作ってる場合じゃなかったので、えーい、こうなりゃもう、9月のオムライスは洛西口氏と小たみちゃんの細目コンビに作ってもらおう!と、我ながらなかなかの名案。
 
小たみちゃんもできるオムライスといえば、Dsc03618これこれ、この策。Dsc03622薄焼き卵をお茶碗に敷いて、チキンライスを詰めてお皿にえいや!とひっくり返す、簡単オムライス。
 
せっかくなので、お子様ランチ風に旗を立てようと、Dsc03600画伯に旗をデザインしてもらいました。
 
Dsc03639 ミッキーマウスでも描いた模様。
 
洛西口氏が水分量を測りながら大変計画的に焼いたハンバーグも添えて、9月のお子様ランチ風オムライスが完成。Dsc03650誰かによく似て、作ったオムライスを自ら写真に収める人、発見。
 
小たみちゃんのリクエストで、サツマイモの冷製スープとレンコンサラダだけは、パン作りの合間を縫ってわたくしめがご用意しました。
 
もう3ヶ月の前のことなので、美味しかったかどうかも記憶はありませんが、パンの試作の最中、大変助かったことは覚えております。
 
師走になり、ちょいと焦っておりますので、手短に、お手柔らかに。
 
月刊オムライス10月号に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

夢の栗ごはん

おこしやす!

 
話はずいぶんさかのぼりますが、9月のこと。
 
9月に入り、スーパーへお買い物へ行くたびに、「栗ごはんが食べたい!」と言い続けていた小たみちゃん。
 
青果コーナーの前を通るたびに、スイッチが入った九官鳥のように「栗ごはん食べたーい!栗ごはん食べたーい!」と大声で言うもんだから、いい加減こちらも観念して小たみちゃん念願の栗ごはんを炊くことに。
 
しかし、雨続きだった今年の秋。栗のみならず野菜や果物が不作で価格が高騰。栗もお店によっては手が出ないほど高騰し、近所のスーパーへ立ち寄っても夕方には売り切れ。
 
いざ栗ご飯を炊こうと思った時に限って、栗が手に入らないというまさかのあるある。
 
栗ごはん前日の大ピンチでしたが、洛西口氏と呑みに行く待ち合わせをしていた友人が、都内のスーパーで見つけて栗を調達してくれました。
 
あの手この手を使ってようやく手に入れた大粒の栗をちょうだいし、小たみちゃんが夢にまで見た栗ごはんを炊きました。Dsc04138大きな栗の土鍋ごはん。
 
あの手、この手を借りたのは栗の調達だけではありません。
 
栗といえば、猫の手も借りたいくらい大変な皮むき。猫よりマシか、と思い洛西口氏にも皮むきという大役を命じ、2人で皮むきに奮闘。右肩のネジが外れるかと思いました。
 
そして、栗ごはんにぴったりな秋のお料理も。Dsc04150スイカじゃないよ、イチジクとしらすのサラダ。イチジクのバルサミコ酢を使った和風ドレッシングで。Dsc04168たっぷりキノコと秋鮭のホイル焼き。Dsc04142ちょうどお彼岸だったので、冷凍庫に残っていた自家製あんこでおはぎも作りましたよ!そりゃネジ外れるよ。
 
さつま芋の豚汁を添えて、栗ご飯定食の出来上がり!Dsc04171秋をたっぷり召し上がれ!!
 
夢の栗ご飯に、この秋小たみちゃんに大ヒットだったイチジク、食後には大好物のおはぎまで登場して、もうこれが3ヶ月早いお誕生日会でもいいのではないかと思うほどのラインナップ。
 
大きな栗に負けないくらい大きなお口で、お腹いっぱい栗ごはんを食べた小たみちゃん。そんな細い目で食べてもらったら、皮むきの疲れは吹っ飛びませんでしたが、あの手この手、猫の手を借りて作った甲斐があったというものです。
 
食欲の秋の代名詞、栗ごはん。
 
手間暇かけた旬の味覚は、どんな豪華な食事にも勝る格別の美味しさ。
 
この美味しさに出会えるのならば、また来年も剥いちゃうかもな。栗。(仮)

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »