« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月27日 (土)

明けまして2018〜ハイカラ京都編〜

おこしやす!

 
下呂にも雪が降り、きゃっきゃと犬のように喜び回った1月3日。喜びもつかの間、朝から下呂を後にし、京都に向かいました。
 
お正月といえど、のんびりしてられまへん。
 
京都のお正月と言えば、いつもとびきり楽しみにしている洛西口氏の実家のお節。古るきを重んじる京都のお節を、朝食から豪華に頂きました。(2日連続。)Dsc03473 いつか受け継がなければと思いつつ、いつもその美味しさに甘えて、食べることと写真撮影の専門家になっている嫁。
 
艶々の黒豆、人気のあまり大量に仕込まれた数の子、義父作の棒鱈の煮つけ、お雑煮は京都では白味噌が主流ですが、洛西口家ではお澄ましに水菜と丸もち。これが美味しいんです。
 
朝からお腹いっぱいお節を食べて元気な目覚め。極寒の中、下呂でのゴボウの千切り修行を思い出すと、涙が出るくらい優雅なお正月休みです。
 
しかし、気がつけばもう1月5日。5日間もお節を食べたらそろそろパンもいいわね。なんてことで、京都最終日の朝は、こちらImg_4199今出川のル・プチメックでテイクアウトしたパンで、Dsc03538_1プチモーニング。
 
レモンピールとホワイトチョコのハード系や、チャパタ、ラムレーズンのミルクフランス、どれも生地が滋味深く、味のバランスが整っているものばかり。
 
数年前からプチメックのオーナーの西山さんのインタビュー記事を読み漁っていたので、このパンもきっと西山さんの発想力と哲学のもと生まれたんだろうと思うと、ふつふつと味わい深いものがありました。
 
さて、長い帰省も終わり、京都から東京行きの新幹線へ。新幹線のホームまで見送りに来てくれたユキヲくんから、京都らしくハイカラなお土産をもらったので、新幹線に乗り込んで早速頂くことに。Img_4214あら素敵!Img_4215パンの名店、シズヤのあんぱんセット。
 
可愛い袋を開けると、Img_4222こんな可愛いあんぱんが飛び出して来ました。
 
中は基本のあんこや、抹茶あん、和栗、黒豆など美味しい素材がぎっしり詰まって、見た目も味もお客様満足度100!!
 
さすが、お商売上手な京の土産です。
 
こうして、長旅から帰路に着いた我が家。ごぼうに始まり、あんぱんに終わる帰省は、どこにたどり着いても美味しいものでもてなされ、贅沢な1週間でした。
 
お腹も思い出もいっぱいになり、今年のおたみ食堂も、ぼちぼち開店です。

| | コメント (2)

2018年1月13日 (土)

明けまして2018〜下呂編〜

新年、明けまして!Dsc02851おこしやす!!!

 
本年もマイペースな我が家の食卓を、片目をつぶってお付き合いください。
 
年末年始、皆様はいかがお過ごしでしたか?我が家は年末から丸っと1週間帰省し、日頃の疲れが癒されるどころではなく、只今帰省疲れで毎日ぐったりの年明けです。
 
さて、31日から私の郷、下呂へ。
 
到着5分で、母から特大ゴボウ4本の千切りを命じられ、家の中の気温は最高3度という寒さと、心臓が止まりそうなくらい冷たい水を使って金平ゴボウの下処理。
 
家事をしながら通りすがる母からは「まだ切ってるの?」「遅いわ!!」と散々お尻に火をつけられましたが、あいにくの寒さで火もつかず。
 
出来上がった金平を見て、母は「こりゃまた、たくさん作ったね。」ですって。娘の里帰りはいつも、修行です。
 
帰省早々洗礼を浴びたゴボウ事件から一夜開け、こんな寒い家にも晴れやかなお正月がやってきました。Dsc03444椎茸出汁のお雑煮と、健康と豊作を祈って、干し柿、豆、柿、田つくり。
 
母手作りの干し柿は、寒さにさらされて、甘く柔らかく仕上がって、小たみちゃんもいったいいくつ食べたことでしょうか。
 
そして、これまた凍てつく寒さの中初詣を済ませたら、早くもお昼ご飯です。元旦のおめでたい日のお昼ご飯といえば、Dsc03459前日に食べ忘れた年越し蕎麦。天ぷらの女王が揚げたかき揚げ付きです。
 
午後はお正月早々にひふみばあちゃん亭に押しかけて、たんまり美味しいおやつをいただきました。
Dsc03463 Dsc03465干し柿に栗きんとんを詰めた手作りの和菓子。叔母のお友達が作って届けてくれたそうです。
手作りだからか、栗きんとんがとにかくぎっしり詰まっていて贅沢な味わいでした。
 
美味しいおやつをたっぷり頂いて、最後はこちら、Img_4148 煙突式ストーブで焼いた、干し芋。砂糖水で煮てから干した干し芋は、外はサクッと中はしっとり、うっかり食べ過ぎました。
 
こうして、お腹いっぱいの元旦の夕食は、兄が卓球大会で優勝して獲得してきた飛騨牛のすき焼きを食べて、調子こきついでに温泉へ。Img_4149もうピースするしかないです。
 
元日の昼に年越し蕎麦を食べた我が家。午後から一気に巻き返して、すき焼きから温泉へと持ち運び、大変めでたいお正月の一夜を飾りました。
 
さて、1月2日ともなると、お正月気分も一気にトーンダウン。小たみちゃんは朝から食パンを食べ、お昼はおでん!Img_4158 何と言ってもこのおでんの味わいを最高に醸し出しているのはこの鍋。(新聞紙がよく似合う。)
 
天ぷらの女王がまた山盛りの山芋天を揚げてくれたので、おでんも天ぷらも、プロの味を堪能しました。
 
そして夜はまた、飛騨牛の焼肉を食べて、お正月ならではの贅沢を余すことなく味わい、ぐーすかとおヘソを出して眠りについたのでした。
 
翌朝、目を覚ますと、Img_8342小たみちゃん念願の雪景色。
 
下呂に行く前から、雪が見れるかもと期待を膨らませていましたが、連日好天に恵まれて、あいにく雪には出会えませんでしたが、下呂の最終日はようやくうっすらと雪景色を見ることが出来ました。Img_8344念願の雪だるまとも記念撮影をして、裸足で歩いて見たいと言ったので、雪の上を裸足で歩かせて見ましたが、想像を絶する冷たさだったようです。
 
お腹いっぱいの下呂の里帰り。次は雪が溶けて桜が散り、またキラキラと太陽が光る夏の頃に。Dsc03446みんな元気で待っててねー!

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »