« 月刊オムライス ~2017年12月号~ | トップページ | 新年バーガー »

2018年2月10日 (土)

月刊オムライス ~2018年1月号~

おこしやす!

昨日、職場の懇親会で洛西口氏が不在だったので、小たみちゃんと2人だけの夕食。 
 
小たみちゃんの熱望と金曜日という気分も合間って、先週の節分に近所の神社の豆まきでゲットしたインスタントラーメンを食べることに。
 
人生2度目のインスタントラーメンを食べた小たみちゃんは、もう手を高らかに上げて拍手喝采で大喜び。いつも食べることが大好きな小たみちゃんですが、あの盛り上がりは未だかつてない喜び様でした。
 
毎日手作りにこだわっている私って一体…。
 
さて、1月、私たち夫婦は結婚10年目を迎えました。
 
結婚当初はまだ20代半ば。当時がとても遠く感じるのは、たくさんの思い出や経験が詰まった10年間だったからでしょうか。
 
10年目のお祝いは、やっぱりオムライスで。
 
今年はお正月休みを少し長くとって、京都にて月刊オムライスを。京都のオムライスと言えば、こちら。Dsc03482_2懐かしのグリル冨士屋より、Dsc03485ケチャップのないオムライス。
 
Dsc03487 これは、10年前に私たちが夫婦になった日、2人だけでひっそりとお祝いした思い出のオムライス。
 
そして、京都からこちら神奈川に引っ越して来た際も、京都で最後に食べたオムライスはグリル冨士屋。実に5年半ぶりにお店を尋ねました。
 
カウンター席のみの小さなお店なので、小たみちゃんが生まれてからはなかなか子連れで足を運べませんでしたが、今回は小たみちゃんと小学校1年生の姪っ子ちゃんを連れて4人で魅惑のオムライスを堪能。
 
小たみちゃんも、姪っ子ちゃんもこんな渋いお店に付き合える様になったとは、その成長を思うと、私たちの結婚記念日以上に感慨深いものがありました。
 
懐かしのオムライス、絶妙なふわとろ卵の中には、Dsc03496_1牛ひき肉とウスターソースが効いたケチャップライス。
 
2人で半分こして食べた子供達。小たみちゃんは卵の生地がお気に入り、姪っ子ちゃんは中のご飯がお気に入りだった様子。2人ともお代わりをして満足そうに食べる姿を、シェフも優しげに目を細めて見守っていました。
 
思い出のオムライスをありがたく頂いた後は、腹ごなしにぶらりと散策して、こちら。Dsc03508_1スマート珈琲でおやつタイム。
Dsc03519_2 美味しいコーヒーと、Dsc03516_1 プリン。卵からの卵。
 
娘っ子2人はプリンとココアを。自分で砂糖を入れて飲むココアに魅了され、プリンはもれなく半分ほど私たちの胃袋に収まりました。
 
小さな洋食店から老舗の喫茶店へ、京都ならではのローカルグルメを味わった結婚記念日の旅。
 
久しぶりに京都らしい街歩きを堪能し、10回目の記念日も素敵な思い出がぎゅっと詰まりました。
 
これから先も、家族が健康で、美味しいオムライスを食べられますように。

|

« 月刊オムライス ~2017年12月号~ | トップページ | 新年バーガー »

今月のオムライス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月刊オムライス ~2017年12月号~ | トップページ | 新年バーガー »