« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

マイメロちゃん弁当

おこしやす!

 
今年もやって来た、年に一度の小たみちゃん弁当。
 
私も張り切って1ヶ月以上前から、献立を考える日々。
 
小たみちゃんのリクエストもしっかり詰めて、深夜まで下ごしらえして出来上がった年に一度の小たみちゃん弁当がこちら。Dsc04275ジャン!その名も「マイメロちゃん弁当」。
 
夜な夜なハムを型抜きしていたら、ふと思い立って作ったハム&チーズのマイメロちゃん。思い立ったはいいものの、意外と難しくて大苦戦。マイメロちゃんのために、母ちゃん、夜なべしたとです。
 
おやつタッパーには、最近覚えた冷凍パイシートを使ってチョコパイを。
Dsc04278_1箸もおしぼりもマイメロちゃん。今年のお弁当は、くるくるサンド、唐揚げ、パプリカのピクルス、金柑。
 
昨年、必死の争奪戦で手に入れた、柴田慶信商店の白木のわっぱ。丸弁は「サンドイッチも入りますよ」という言葉に心落ちて即決。市販のサンドイッチ用の食パンサイズに見事にピッタリでした。
 
今回の小たみちゃんのリクエストは、金柑とパプリカのピクルス。
 
5歳児なのにオーダーが渋いなぁ、と思いつつマイメロちゃん弁当を見た時の喜びようったらもう。やっぱりまだまだ可愛らしい女の子ですね。
 
大喜びで背負って遠足に出かけた小たみちゃん。
 
「けっこう美味しかったよ!」
 
という、中の上くらいの評価で、しっかり空っぽに完食して来てくれました。
 
さて、今年の春で、私自身のお弁当作りも丸10年。
 
キャリア10年のくせにマイメロちゃんでこんなに苦戦を強いられるとは思いませんでしたが、まだまだ弁当作りも中の上。これからも、精進して弁当作りの向き合って参りたいと思います。

| | コメント (0)

2018年4月27日 (金)

月刊オムライス ~2018年3月号~

おこしやす!

 
またも卵の話ですいやせん。
 
3月のオムライスは、春の食材を使って。Dsc04247菜の花とホタテのクリームオムライス。金柑をちょんと添えました。
 
独特の香りと苦味が美味しい春野菜。菜の花の苦味も、クリームソースでまろやかに。
 
スープは、ミネストローネを詰め込んだ、Dsc04212パイシチュー。
 
生まれて初めて買ってみた冷凍パイシート。扱い方がわからず、生地を伸ばさずそのまま被せたら、ぐんぐんとどこまでも膨らんで、この通り。気球のように膨らんだパイシチューは、危うく空を飛ぶところでした。
 
Dsc04233 アイスプラントと金柑のサラダを添えて、Dsc04244 春の香りがたっぷりと漂う、3月のオムライスが完成。
 
中のご飯も季節限定、Dsc04250うすいえんどうのバターライス。
 
サヤから取り出したフレッシュ豆は、いつもの冷凍グリンピースとは大違い。プチプチと弾ける美味しさ。クリームソースの優しい味わいにぴったりな春のバターライスでした。
 
美味しい春の香り、ごちそうさま。

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

春の天津飯

おこしやす!

 
かに缶が安い時に買っておくと便利、かに缶。
 
だって、時間がないときのお昼ご飯に、天津飯が出来るんですもの。Dsc04174ほら。
 
グリンピースさえ散らしておけば、豆っこの小たみちゃんも大喜び。じゃあ、白ご飯とグリンピースだけでいいじゃん。と思ってしまうほど、豆さえあればいい。
 
ちょうど冷蔵庫にあったカニカマを入れた卵液を、次から次へとフライパンで焼き上げて白ごはんの頭へポン!
 
Dsc04186 冷蔵庫から有りものを取り出して、ささっとお昼ご飯。
 
昔、デートの時に「和食か、洋食か、天津飯どれが食べたい?」と聞いてしまうほど天津飯が好きな洛西口氏も、無類の豆好きの小たみちゃんも、大変満足そうに食べてくれるので簡単だけど作り甲斐のある天津飯。
 
皆の笑顔を見れたら、無問題!
 
急ピッチでご用意した、我が家の食卓をお届けしました。(でも写真はとっとる。)

| | コメント (0)

2018年4月 6日 (金)

桜の節句、2018

おこしやす!

うっかり!花見に明け暮れておりました。
 
今年は桜が思いも寄らず、早く咲き、もう大慌てで毎週末お花見三昧。浮かれましたよー、そりゃ。
 
さて、もう1ヶ月も過ぎたお話ですが、ひな祭り、皆様はいかがお過ごしでしたか?
 
我が家は2月になった途端、小たみちゃんがお雛様に一刻も早く会いたいと熱望したので、Dsc03707お内裏様とお雛様をお迎えしました。
 
小たみちゃんが生まれた時に、ひふみばあちゃんが作ってくれた雛人形。5歳になった小たみちゃんは、それはもう、毎日毎日、「おひな様可愛い〜!」と初恋のごとくべったりくっついて眺めていました。
 
さて、お雛様を飾って1ヶ月。大量の花粉とともにひな祭りの日がやって来ました。我が家のひな祭りといえば、恒例の桜餅作り。Dsc04086年々役立つようになって来た小たみちゃん。今年も仕上げの葉っぱ係を務めてくれました。 
 
3人で作ればあっという間。Dsc0412240個も、ものの桜餅は30分ほどで出来上がり。
 
今年は、こんなおやつも一緒に作りました。Dsc04128桜入り焼きドーナツ。
 
できたての桜餅には中国茶の大好砲をご用意して、待ちに待ったおやつタイム。Dsc04154桃の花は撮影用に飾ってみました。横で黒子の洛西口氏が枝を持ってくれています。ここだけの話。
 
ロマンワイングラスには前日に買ったキティーちゃん雛あられを。
 
雛あられを飾ったのが間違いだったでしょうか。小たみちゃんは桜餅などにはわき目もふらず、雛あられ一直線。思う存分雛あられを食べて、最後についでのごとく桜餅を頬張りました。
 
そして、大量に作った桜餅は西へ西へ。桜前線とは逆流し、京都や岐阜の家族、親戚の元へ送り、今年もみんなから、一足早い春のメッセージが届きました。
 
今年も花咲ばあさんは、あちらこちらの満開の桜餅を咲かせ、おたみ食堂上半期の一大行事を終えたのでした。
 
めでたし、めでたし。

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »