習いごと

2012年8月 3日 (金)

今週のミソ弁

おこしやす!

あちらこちら外食も楽しんでおりますが、やっぱり結局今週も弁当で今週のしめくくりを。

さて、今週はついにコレが出来上がりました!!Dsc04167_r昨秋、ヨシヲくんと行った味噌作り体験教室で作った自家製味噌。

約9ヶ月、洛西口氏の部屋で新聞紙かぶってぐっすり眠ってようやく熟成。その間に部屋主は半年以上も東京出張になり、気づけば引越センターの荷物に揺られて神奈川まで共に越してきた手作り味噌。

今が旬のキュウリに付けたり味噌汁にしたり、色々楽しんでますが、まずはこの味噌を使ったおかずをゴロンと弁当に。Dsc04197_2_rころ芋わっぱ。

  • 白ご飯、加茂茄子の味醂漬け
  • 夏野菜のオムレツ
  • ころ芋
  • オクラのシソおかか和え
  • 黒豆の含め煮

新潟生活のしろさんに教えて頂いた、新じゃがの小芋を使った「ころいも」。甘辛味噌をからめた小芋はホクホクでやみつきになる美味しさ。新味噌の新じゃがでとっても美味しい一品。小芋の季節はこれに決まり。

夏野菜オムレツは、キッシュに入りきらなかった塩炒めの夏野菜(ナス、オクラ、パプリカ、ズッキーニ)を卵で一挙にまとめてオムレツに。

このほか有り余る夏野菜をたっぷり使った今週の弁当は、Dsc04227_2_rピーマン弁当。

  • 白ご飯、加茂茄子の味醂漬け
  • ピーマンの肉詰め
  • 切りするめとピーマンの和え物
  • かぼちゃサラダ
  • 舞茸のピリ辛炒め

ピーマンがどっさり残っていたので、大量消費に肉詰め。切りするめの和え物は、切りスルメと人参、ピーマンを醤油とみりんで和えた母の味。呑兵衛にオススメな味。

Dsc04243_2_rエビチリ弁当。

  • 白ご飯、加茂茄子のみりん漬け
  • こうなごの中華風オムレツ
  • フレッシュトマトのエビチリ
  • 舞茸のピリ辛炒め
  • 焼きズッキーニ
  • 自家製ピクルス(パプリカ、キュウリ)

久々にピクルス漬けました。トマトもどっさり余っていたので、久々にエビチリ。夏はコレコレ。さっぱり美味しい。

Dsc04282_2_r味噌鶏ちゃんわっぱ

  • 白ご飯、加茂茄子の味醂漬け
  • 味噌鶏ちゃん
  • ゆで卵
  • かぼちゃサラダ
  • 切りスルメとピーマンの炒め物

岐阜県のB級グルメ王、鶏ちゃん。幼いころからうちの定番、ミズホ食品の味噌鶏ちゃんの味を新味噌で作りました。

にんにく、生姜、味噌、みりん、酒、豆板醤で漬けた鶏肉とキャベを炒めるだけ。この味、私は昔から母の最高の手抜きだと思っている。そして、切りスルメの和え物は「日持ちしないから、時間が経ったらそのまま炒めて食べな。」と言われていたので、ただ炒めただけ。

今週最後はおふくろの手抜き味弁当でお別れ。

こうして、今週は新味噌を使ってとっても美味しい新じゃが料理から、主婦最高の手抜き料理まで何かと賑やかな一週間になりました。

皆さまも、よい週末を。アディオス。

| | コメント (0)

2012年7月20日 (金)

静かな料理教室

おこしやす!

先週、姉の紹介で、フリーアナウンサー中島静佳さんがご自宅で開催されているお料理教室へ。

家もまともに片付いていない最中、さっそく料理教室デビューです。

ご自宅に伺うと、うっとりするほど綺麗でとても明るい中島さん、

「もう来週産まれるのぉ!」

と、出産間近の大きなお腹で迎えて頂きましたが、あと数日でお子さんが産まれるのに、この週も1週間に3回もお料理教室を開催されるという果てしないお元気さ。

そんな中島さんに今回教えて頂いたのは、沖縄料理。中島さんは実際に沖縄で家庭料理を学んでいらっしゃったのだとか。

様々な食材の扱い方や調理方法など丁寧に詳しく教えて頂きながら、流れるように調理が進み、あっという間におもてなしにピッタリな沖縄料理が完成。Dsc03520_rい、い、いつのまに??

つい先ほどまであーでもないこーでもないと言いながら、人参を必至で刻んでいた作業台。いつのまにか綺麗なクロスが敷かれ、お花が飾られて、グラスには柚子酢のソーダ割りが注がれて、私たちも料理を習いに来たはずなのに、すっかりおもてなし客。

ダンボールで埋め尽くされた公園のような我が家とは大違い。

爽やかな柚子酢を片手に、美味しい沖縄料理を頂いてきました。
Dsc03513_rタコライス。

タコライスはメキシコ料理のタコスが由来なのだとか。白いご飯の上にカレー味に調味したひき肉、レタス、トマト、アボカド、チーズ、三角チップを散りばめて、夏らしくとっても爽やかな一皿。

カレー風味のひき肉にウスターソースではなくオイスターソースを使ってあるところが、ウスターソースをめったに買わない私にはとってもありがたい味付け。さっぱり美味しく頂きました。Dsc03527_rシブインブシー。

冬瓜と豚の煮込み。甘みのある麦味噌で煮込んだ冬瓜と豚肉はとろけるほど柔らかく、ほっとする味。

冬瓜は自分で扱ったことなかったのですが、とろりと瑞々しいおいしさにうっとり。他にも調理方法を教えて頂いたので、この夏のヒット食材になりそう。Dsc03521_r人参イリチー。

イリチーは沖縄で「炒め煮」という意味だとか。しりしり器という野菜の千切りを作る道具を使って、千切りにした人参をツナや卵とさっと炒めた見た目も鮮やかな料理。

人参はこんなに甘いのかと思うほど箸が止まりません。材料も味付けもとってもシンプルで何度でも作りたくなる一品でした。Dsc03519_r麩チャンプルー。

卵を含ませた沖縄麩と野菜の炒め物。スパムの塩分があるので、味付けはとってもシンプルであっさり。もちもちとした沖縄麩とシャキシャキ野菜の食感も楽しくてとってもヘルシー。

しかし、ごちゃごちゃの我が家と違って、どこから何を撮っても絵になる素敵なテーブルコーディネート。器の選び方や料理の魅せ方、色々と教わりたいことばかり。

と、いうわけで、先日スーパーで冬瓜を見つけたので、さっそく教えて頂いた沖縄料理に挑戦。そしてさっそくうちの地味な弁当に。Dsc03621_2_r琉球わっぱサー。

  • 白ご飯
  • カブ菜とこうなごのふりかけ
  • シブインブシー(冬瓜と豚の味噌煮)
  • 人参イリチー
  • 干しゴーヤのピリ辛煮
  • かぼちゃ煮
  • インゲンの胡麻和え

あららこれが現実サー。あの素敵なおもてなし料理も、家に帰ればこんなもんサ。

人参イリチーはしりしり器がなかったので、包丁で千切りしましたが、やっぱりしりしり器の方が人参の繊維が削られて甘味が増すような…。冬瓜はぷるるとやっぱりおいしい。

今年は沖縄料理でさっぱりヘルシーに、夏を楽しみたいと思います!

静かな料理教室。

楽しい会話と笑い声の絶えない、見た目も鮮やかに彩食兼美なとても楽しく美味しいレッスンでした。

中島さん、素敵なひと時をありがとうございました!中島さんの様に元気ハツラツなお子さんの誕生をお祈りしています。

| | コメント (2)

2012年5月 5日 (土)

桜咲くCui

おこしやす!

またも桜の季節のことですが、京都東山の満開の桜を楽しんだ翌週は、これまた見頃を迎えた京都は嵐山にて、親友のMarchちゃんとパン教室Cuiへ。

まずはレッスンの前に、腹ごなし。Marchちゃんオススメ、週末限定のお蕎麦屋さんへ。Dsc02880_r天ざる。

喉越しのいい透きとおったお蕎麦と、サクっと揚がったぷりっぷりの大きな海老天。満開の桜をよそに、週末だけ商いされているというお蕎麦屋さんでとっても贅沢なランチでした。

さ、お腹もいっぱいになったところでお花見へ!Dsc02899_r_2と、うっかりレッスンのことも忘れそうなくらい見事に咲き誇った嵐山の桜を堪能し、ひらひらと花びらが舞う小路を歩いてパン教室へ。

つい数分前まで桜を眺めてほっこりしてきたところですが、先生のご自宅でまずは一休み。Dsc02912_r「もう、今日しかお出しする日がないの~!」と、出して頂いたのは桜茶。

桜の湯のみに桜の花が浮かび、窓の外を眺めれば桜の花びらが舞い、嗚呼あたしゃここでいったい何をしてるんだろう…と時が止まるような幸せなひと時。

うっかりすっかりお花見気分で始まったこの日のレッスン。桜にかまけて少々ぼやぼやしてしまいましたが、まずは4月のピックアップ食材から本日の一品。Dsc02916_r焼きミルクプリン。

ガスバーナー片手にボーボーとキャラメリゼする先生のその姿はそれはそれは男前で、私の目にもしっかり焼きつきました。

今月のピックアップ食材は『牛乳』。言わずと知れたカルシウムの王様。

牛乳のカルシウムはひじきや小魚に比べ、体内吸収率が非常に高く、骨粗鬆症対策にも有効。カルシウムの吸収にはビタミンDが必須で、シラス干し、鮭、サンマ、鯖等と一緒に摂取すると効果的なのだとか。そして、カルシウムは神経の興奮を鎮めてくれるため、ストレス解消にも欠かせない栄養素。

また、牛乳はカルシウムのほかに、疲労回復に効果的なビタミンB1、新陳代謝を促進し美肌効果を発揮するビタミンB2、必須アミノ酸が望ましい割合で含まれている良質たんぱく質を効率よく摂取できる食材なのだそうです。

さて、こうして栄養効果抜群、男前焼きミルクプリンを頂いてるうちに、ふっくら美味しいパンが焼き上がりました!Dsc02948_2_r基本のパンより、シナモンミルクロール。

成型用のシナモンシュガーを作る時に、「シナモンはお好きなだけ入れて下さいね。」と言われ、これでもか!と、まるで甲子園球場の砂のように埃が立つほどザバザバ入れましたので、この通り。イモトの眉のようなくっきりシナモンラインが描かれました。

粗熱がとれたところで、バターミルクアイシングをトッピング。Dsc02955_2_rなんともアメリカンな仕上がりに。

砂糖もバターもたっぷりな生地でアメリカンな見た目とは違い、仕上がりはサックリふんわり軽く、シナモンたっぷりであっさりとした甘さ。濃いコーヒーがあればもう幸せ。

そしてお隣のMarchちゃんは、Dsc02935_2_rふ~ふわふわミルクたっぷりハイジの白パン。

一口ほお張ればそこはアルプス。私が以前作った飛騨山脈の北アルプスを彷彿させるそばかすだらけの白パンとは大違い。

思わず藁の中で眠りたくなる、優しさいっぱいのふんわりパン、ごちそうさまでした。

春の爽やか陽気の中、楽しいレッスンをありがとうございました♪

| | コメント (2)

2012年3月25日 (日)

姉の京都放浪記 ~和菓子体験~

おこしやす!

桃色の嵐電に揺られ、御室の仁和寺で途中下車。Dsc02007_r桜の季節になると多くの観光客でごった返す仁和寺もこの季節はさすがに閑散とし、五重塔を眺めながら境内を散策。

そしてまた、嵐電に揺られてランチへ。Dsc02033_rおばんざい5種盛りランチ。

姉とお惣菜ランチといえば因縁深いものがありますが、ここはおまかせ5種盛りなのでケンカもせずゆっくり落ち着いて頂けます。京都らしく生湯葉も出て、あっさりとした体に優しいランチでした。

さて、ランチを終えて次に向かったのは、寺でも神社でも城でもありません。これも京都ならではの観光でしょうか。Dsc02045_r亀屋良長の和菓子体験教室。

練り切りを作る材料のお話を聞き、基本の成型の蝶と桜を習いました。線対象の蝶はとても難しく、二色のぼかしが思う位置にならず大苦戦。

こういう工作系にはこっくりめっきり不器用な花より団子姉妹ですが、出来上がってこうしてケースに入れてみるとそれっぽく見えるところが京都観光七不思議。(あとの6つは知りませんけど。)

こうして自分で作った和菓子はお持ち帰り。和菓子教室の終わりには、お茶とお茶菓子を出して頂きました。Dsc02057_r亀屋良長の名菓「老玉」。

そして帰りがけに、東京から来ていた姉に、体験教室で講師をして下さったこの道四十数年の師匠が、「今日は材料も余っているので無事東京に帰れるように「カエル」でも作りましょか。」と、Dsc02061_r20120325_3ものの数十秒でカエルを作って下さいました。Dsc02062_rケロケロ。

理科の教科書に包装紙を張るほどカエル嫌いな姉に旅のお守り、カエルの練り切り。

思わぬお土産を頂いた、京都体感観光でした。

つづく…。

前編はこちら↓↓











| | コメント (2)

2012年3月24日 (土)

春のパン祭り

おこしやす!

先週末はハナヲくんがお泊りに来ていたので、眠気眼をこすりながらぼやーっと3人で朝食。Dsc01837_r宇治の人気ベーカリー『玉木亭』のパン。

前日にハナヲくんが宇治で買ってきてくれたパンを洛西口氏が淹れてくれたコーヒーと共に頂きました。嫁は楽なもんです。

しかし美味しそうなパンを手当たり次第に大量に買ってきたハナヲくん。もう何が何やら全く記憶が無く、「これはイチジクの何かのカンパーニュ。コレはホワイトチョコと何とかの何とか。これもシナモンと何とかで美味しそうやってん…。」と、おぼろげ過ぎる記憶を頼りに頂きました。

挙句の果てに、焼きたてパンをその場で食べたかったからと言って一口ずつかじって持ち帰って来たという、食べかけまでご披露頂きまして、超人気ベーカリーの一風変わったアレンジパンから一口かじった食べさしパンまで、なかなかお目にかかれないパンの数々をありがとう。

さて、そんな珍しいパンをたらふく頂いた午後は、ハナヲくんをお誘いしてパン教室Cuiの3月のレッスンへ。

毎度お楽しみ、本日の一品は、Dsc01857_r冷凍のラズベリーを使ったシャーベット、「ベリーソルべ」。

今月の野菜は『ベリー』。
ベリーとはいちご、ラズベリー、ブルーベリーなどキイチゴ類やコケモモ類などの総称。

色素成分、紫系フィトケミカルのアントシアニンは、目の光受容細胞に存在する色素「ロドプシン」の合成を助け、目の疲れや病気を緩和することが期待されているのだとか。
また、ペクチンの整腸作用があったり、食物繊維が豊富な皮ごと食べられることも特徴で、その色素には抗酸化物質が含まれ、活性酸素から体を守る役目もあるのだそうです。

パンの生地を捏ねてお疲れの体に、さっぱりとしたソルべに先生お手製のブルーベリージャムが甘さを添えて、ベリーの香りでまったりとした癒しのティータイムでした。

さてさて、こうしてワイワイとお話しているうちに本日のパンが焼き上がりました。Dsc01868_rシーズンレッスンより、クランベリー・ノア。

フランスパン専用粉を使い、ドライクランベリーを練り込んだパン生地でホワイトチョコレートを包み込んだ、ベリーとホワイトチョコの甘みと香りをほんのり効かせたハード系。

焼きたてを頬張ったときの「バリリっ!!」という食感がたまりません。

仕上げのクープに乗せたバターで風味よく美味しく仕上がりました。星三つじゃ足りません。

し、しかしね、いくら美味しかったからといって、こんな大きなパンを試食1個半は正直食べ過ぎだと思いますよ。ハナヲくん。

朝から満腹にパンを食べて、午後は手作りパンを。頬張る幸せを噛みしめた一日。

皿は当たりませんが、大盛況の春のパン祭りでした。

| | コメント (4)

2012年2月 5日 (日)

明けましてCui

おこしやす!

先週末はスパイス料理教室のイベントで神戸へ、今週末はCuiのパンレッスンで嵐山へ。私にとっては遅ればせながら到来したクリスマスと正月のような浮かれた一週間。

と、いうわけで昨日はパン教室Cuiにて、今年初のパンのレッスンへ。

まずは毎回とても楽しみにしている発酵中の待ち時間。野菜ソムリエを取得されている先生から、今月のピックアップ食材の栄養や調理法について教えて頂きながら、季節の食材を使った本日の一品を頂きました。Dsc00073_rイチゴのロゼマンジェ。

今月のピックアップ食材は「イチゴ」。本日の一品はフランスの冷菓、ブラン・マンジェを先生のオリジナルでイチゴを使い、甘くてひんやり、クリーミーでプリティーなスウィーツ。

イチゴの旬は春から初夏にかけて。1月から5月にかけて収穫されるので『イチゴ』と言われる説もあるのだとか。

そしてイチゴはレモンに負けじと劣らず豊富なビタミンCを含み、美肌、疲労回復、ストレス対策、風邪予防に効果的。また、葉酸やペクチン、ポリフェノールも多く含まれ、貧血・便秘予防、抗酸化作用などもあるのだそうです。

ストレス社会で働く悩み多き乙女には畑からやってきた正義の味方とでも申しましょうか。今年の春は栄養効果抜群のイチゴで、素敵な笑顔がキラキラ光る先生の様なハリツヤ女子を目指します。

さて、そんな今年の誓いを胸に教えて頂いた今回のパンは、いつも教えて頂いているシーズンメニューではなく基本のレッスンメニューから。Dsc00079_rDsc00095_rグラハム・フリュイ

全粒粉(グラハム)を使った生地にドライフルーツ(フリュイ)をたっぷり、それはたっぷり、節分の豆撒きのようにふんだんに撒き散らして練り込んだハード系の生地。

ここ最近、フィリングやトッピングなど具材の味よりも、生地の美味しさを感じられるシンプルなパンの虜となっているため、今回はホームページにあったグラハムパンに挑戦。ホームページに、

「噛むほど滋味深い味わい」

と紹介されていたグラハムパン。うっかり『滋味(じみ)深い』を『しげみ深い』と読み間違え、「パンの世界も奥が深いねぇ。」と思いこみ臨んだ今回のレッスン。

先生には、「少し難しい生地ですよ。」と言われ覚悟して臨みましたが、先生の手助けなしでは生きて行かれないほど大苦戦を強いられた前回のブリオッシュ生地のクグロフ・サレや、先日自宅で作った白パンで少し鍛えられたのか、レッスンだからたまたまうまくいったのか、要因は何かとありますが、今回は遅れぼっちの一人ぼっちになることなく捏ね上がり、何とか一緒に受講された皆さんのペースについていくことが出来ました。

ちなみに、写真上右側の綺麗なひし形の切り込みは先生。左二つのパイナップル畑のようになってしまった切り込みは私。成型もクープの入れ方も高倉健にはまだまだ今後の課題。今回もまた、わずかな成果とたくさんの課題が見つかり、収穫の多いレッスンになりました。

そして最後に、今回もたくさんお話しながら一緒に受講させて頂いた皆さんの作品とパンの集合写真をパチリ。Dsc00107_rパン屋だよ!全員集合!

先生、レッスンをご一緒させて頂いた皆さま、楽しく充実したひと時をありがとうございました♪

| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

Merry Cui ♪

おこしやす!

本日は二本立てでお送りします。

さて、本日は紅葉の見ごろも終わりに近づき、いよいよ凍てつく冬がやってきた京都嵐山にて、手ごねパン教室Cuiへ。

ここ数日で嵐山もぐっと冷え込みが厳しくなり、渡月橋を流れる桂川も寒々しく感じられるようになりましたが、そんな窓の外に映る風景をよそに、温もりあふれる先生のご自宅で、いつもながら明るく楽しい会話が飛び交う温かなひと時を過ごしてきました。

毎回、生地の配合やこね方について丁寧に教えて頂き、発酵中の待ち時間には野菜ソムリエの資格を取得されている先生から「本日の一品」として季節野菜を使ったお料理を出して頂き、その野菜の栄養効果や扱いについて教えて頂きます。

本日の一品は、Dsc09391_r オニオングラタンスープ。

今月の野菜は「玉ねぎ」。

玉ねぎは旨味成分「グルタミン」が多く含まれ、西洋料理のベースとして使用されることから「西洋のかつおぶし」と言われているそうです。

玉ねぎ特有の辛みと香りは「硫化アリル」という栄養素で、消化液の分泌や新陳代謝の促進に効果があり、疲労回復や食欲増進に働くビタミンB1の吸収率を上げる働きがあるのだとか。ビタミンB1を多く含む豚肉と摂取すると効果的に体内へ吸収されます。

さらにさらに、血液をサラサラにして糖尿病や動脈硬化防止にも効果があるのだとか。

選ぶポイントは、表面に傷が無く乾いていてツヤがあるもの。湿気や蒸れを防いで保存し、炒めて冷凍保存するのも忙しいあなたにはとても便利。

と、言うワケで働き盛りの私たちから、高度高齢化社会まで幅広い世代と時代に一躍かってくれる玉ねぎ。優れものの永沢君なのでした。

そして、本日は一緒に受講されていた生徒さんから手作りのお土産を頂きました。Dsc09403_r カステラ。

メレンゲを作らず油脂成分も入れず、強力粉で作られたというカステラ。もっちりしっとり、優しい甘さでほっこり美味しく頂きました。

さらに、同じ方からもう一つ。Dsc09410_r 苺のロールケーキ。

こんなにきれいなロールケーキをご自宅で…目がくらくらします。こちらももっちりしっとり。きめ細やかな生地でさっぱりとしたクリームで軽い甘さの絶品ロールケーキでした。

こんな素敵な手土産を持って「ちょっとそこまで♪」とお出かけ。ぜひ心得たい大人のお心遣い、ありがとうございました。

えー…っと。食べてばかりでしたね。

いったいいつパン焼いてんだ!?と、自分でもすっかりパンを焼いていることも忘れていましたが、美味しく楽しい時間を過ごしている間に本日のパンが焼き上がりました。

本日はクリスマスにぴったりなオシャレなパンを。Dsc09421_r クグロフ・サレ。

オサレでしょ。

あめ色玉ねぎとクルミを練り込んだ生地にベーコンやチーズを包みこんでピリリを黒コショウを利かせた塩味のパン。クグロフというと甘いお菓子のイメージですが、本場のフランス・アルザス地方では塩味も人気だそうです。

型に入れて焼くだけかと楽勝を見込んでいた今回のパン。こんなに食べてばかりでなんの苦労も伝わりませんが、バターもたっぷり入りあめ色玉ねぎを練り込んだ生地は柔らかく手に付きやすく、こねるのがとっても大変で大苦戦。成型も思いのほか細かで丁寧な作業を必要とし、私のような初級者には少し難易度が高く感じました。

が、先生の神の手を存分に借りまくりで、キレイに可愛らしく仕上がりました。マイペースな高倉健ですみません。

そして、お持ち帰りの際にはとっても可愛いラッピングに包まれて…。Dsc09432_r_2 Merry Chrisrmas!!Cui!!!

リボンの作り方も教えて頂きましたが、これまた不器用な高倉健は8割方先生の手を借りて素敵な「おもたせ」に仕上がったのでした。

こんな可愛らしい手土産持って、さてさてこれからどこに行こうかしら♪と、夕方になりいっそう寒くなった嵐山からスキップを踏んで帰路に着いたのでした。

本日も楽しく温かなひと時をありがとうございました!

つづく…

| | コメント (2)

2011年12月 4日 (日)

11月度スパイス料理教室

おこしやす!

先週の日曜日はラトナカフェのスパイス料理教室へ。

今回は18世紀、イギリスがインドを植民地支配したことにより血と文化の混合から生み出された、アングロインディア(英印様式)というコミュニティの象徴的なインド料理を教えて頂きました。

まず初めに、インドでは朝食に食べられることが多いというグリーンピースのカチョリ。20111202_1 グリーンピースをサブジのようにスパイスで炒めてつぶし、小麦粉を練った生地で包み平たく伸ばして油で揚げたスナック。

朝から生地を練って揚げものなんてインド人もマメだよなー。グリーンピースだけに、マメ…

はい、失礼。父親譲りの親父ギャグをぶっとばしてしまいましたが気を取り直して。

そしてアングロインディアの代表的なカレーのひとつ、チキンティカマサラとアボカドとトマトのフルーツサラダを教えて頂きました。20111202_2 チキンティカマサラはタンドリーチキンをカレーペーストに入れ、生クリームやバターを加えてコトコト煮込んだコクのあるカレー。

アボカドとトマトのフルーツサラダは、パイナップル、グレープフルーツ、バナナなど南国のフルーツや、柿、りんご、ブドウなどお好みの季節のフルーツをたっぷり使ってスパイスをピリリと利かせた爽やかなサラダ。スパイスを乾煎りしてあるので、フルーツとスパイスの香り豊かな仕上がりに。

こうして、植民地支配という暗い時代背景を乗り越え、西洋と東洋の文化交流から生まれた色鮮やかなスパイス料理が出来上がりました。20111202_4 チキンティカマサラ、グリーンピースのカチョリ、アボカドとトマトのフルーツサラダ。

今回は西洋の食文化の流れからレタスやパクチーと共にパンに挟んで頂きました。20111202_3 こんな感じで。

コッペパンに超熟の5枚切り食パン。

「おかわりいる人ー?」と言いながら、学校給食さながらの試食タイムでした。

以前はカンパーニュやフランスパンなどハード系のおしゃれなパンでの食べ方を紹介していたそうですが、ラトナカフェのご夫妻が色々と試した結果、普通の食パンやコッペパンの方が味も浸みやすく、一番美味しいとう結論に達したそうで、このような給食系の試食になったのだとか。

ま、こちらとしてもこの庶民的な手の出やすい感じがなじみやすく、インドもイギリスも身近に感じられます。

今回も、インドの歴史に触れながら、ちょっと異色な組み合わせが楽しく美味しいスパイス料理でした。

こうして今回で約1年に及ぶ全13回、今期生の授業はすべて終了。

インドはまだまだ遠くて未知の国ですが、こうして料理を通して見知らぬ土地の食文化や生活習慣を垣間見ることで、インドという国がほんの少し身近に感じることができました。

また、「インド=辛いカレー」という決まり切ったイメージもすっとび、スパイス料理の多様性を学ぶことができ、料理の幅が広がりとても充実した一年間でした。

そして、ラトナカフェのご夫妻のようにグローバルな文化の伝承はできませんが、私も料理を通して些細なことですが何かを伝え、残していけたらな…と思います。

ラトナカフェさん、スパイシーで刺激的な一年をありがとうございました。

| | コメント (2)

2011年11月 3日 (木)

焼き!焼き!焼き!

おこしやす!

相変わらず貧乏暇なし一直線の洛西口氏は文化の日もお構いなしに休日出勤。そして私は相変わらず遊び歩いて、短い足が忙しい。

今年の秋は習いごと三昧の休日。今日は料理教室のパンのレッスンに。

Dsc08531_r 栗ころん。

黒糖とクルミを練り込んだ生地でマロングラッセを包みこみ、栗に見立てた秋限定メニュー。全粒粉入りのさっくりとした生地で、軽い甘さの素朴な味わい。

明日の朝食はコレとホットコーヒーでホッと一息。

そして、明日の弁当です。今日は鰆の味噌漬けを焼いたので、それを弁当に。いつもに増して山へ芝刈り系。Dsc08556_r明日の 焼き物わっぱ。

  • 白ご飯、梅干し
  • 鰆の味噌漬け焼き
  • 焼きネギ
  • ほうれん草の卵焼き
  • かぼちゃ煮
  • れんこんのハチミツきんぴら

わっぱの力を私なりに最大限に引き出しました。これなら明日もお昼から芝刈りにせいが出ます。

パンを焼き 魚・ネギ焼き たまご焼く

焼いてないのは 気持ちだけ。

綾小路たみまろ、心の一句。

| | コメント (4)

2011年10月30日 (日)

Cui & 麻婆豆腐

おこしやす!

相変わらず短い足をあちらこちらに伸ばして出歩いている週末。

本日は久々に手ごねパン教室Cuiでパンをこねてきました。いつもながらにオシャレなご自宅で、明るくハツラツとした授業で、パン生地の配合やこね方、アレンジの仕方などとても丁寧に教えて頂けるパン教室。

そしてパンだけではなく、野菜ソムリエの資格を取得されている先生から、パンの発酵時間を利用して季節野菜を使ったお料理を紹介して頂き、その野菜の栄養や保存方法についても教えて頂けるのも、授業の楽しみの一つ。

本日の一品は、Dsc08425_r かぼちゃのまったりサラダ。

クリームチーズやレーズン、クルミをトッピングしたかぼちゃサラダは、さっぱりな中にコクのある甘くて優しいほっこりサラダでした。

かぼちゃはβ-カロテンが豊富で、体内で必要な分だけビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を保護し抵抗力をつけてくれるのだとか。そして、油溶性のビタミンが含まれているのでチーズやマヨネーズなどと摂取することで吸収率が上がり、美容効果、老化防止、免疫力の向上に役立つため、風邪をひきやすいこれからの季節にはピッタリな緑黄色野菜。

とお勉強しつつ、かぼちゃのまったりサラダでまったりくつろいでいるうちに、本日のパンが焼き上がりました!Dsc08433_r オレンジ・スイートポテト。

さつま芋のフィリングにオレンジピールやラム酒を利かせた大人スイートなおしゃれパン。

とっても成型の楽しいパンで、不器用な高倉健が作ったとは思えない出来栄えに我ながらびっくらこきました。

こうして本日もキレイでオシャレなご自宅にて、楽しく充実した授業でおいしいパンを焼き、洗濯ものでごった返した我が家へ帰っていりました。

あーこれが現実。

と、落ち込んでいる暇もなく現実をしっかりと受け止めて本日の夕食です。

本日は麻婆豆腐。麻婆豆腐のレシピはいつも決まってTBS系『チューボーですよ!』から、

Dsc08448_r マーボーですよ!

本日はいつものレシピからちょいとアレンジして、絹ごし豆腐で滑らかな口当たりに。そしてテンメン醤の代わりに、先日のもろみ味噌と砂糖で味付け。もろみ味噌の程よい塩分とコクが加わり、ご飯がぐんぐん進むマーボーですよ!

さてさて、本日はこのマーボーをメインに、いつしか作って冷凍していた揚げ春巻きを添えて、中国四千年の味を小一時間ほどで食卓へ。Dsc08451_r 本日の夕食。

  • 絹ごし豆腐の麻婆豆腐
  • 揚げ春巻き
  • パプリカと紫玉ねぎのエスニック風マリネ
  • ニラとエリンギの中華スープ
  • 白ご飯

いつもより器の数が多すぎて、写真撮影に大苦戦。洛西口氏の冷やかな視線を浴びながら何度も撮り直しているうちに、ささやかながら冷やかな夕食とあいなりました。

さて、明日からまた平日の現実。

楽しい週末をバネに頑張ります!エイサー!

| | コメント (6)