お手伝い

2017年3月15日 (水)

うさぎの肉まん

おこしやす!

毎年、寒い時期になると小たみちゃんのリクエストもあって作っている肉まん。
 
立春を過ぎてもなかなか暖かくならない二月のある週末。洛西口氏も気ままにお出かけし、小たみちゃんと二人で毎年恒例となった肉まん作り。
 
4歳ともなるとお手伝いもお手の物、Dsc07821こうやってこねて、丸めて…と解説付きで生地をこねるうちに、Dsc07835うさぎ、出来たー!と、方向転換も自由自在。
 
発酵が終わると、Dsc07849ガス抜き、分割、丸めて、と流れもよく理解して作業が進みました。
 
そして、小たみちゃんが丸や三角、細長〜く思うがまま伸ばしてくれた生地になんとか肉種を包んで、肉まんの完成。Dsc07892肉汁たっぷり、熱々肉まん。
 
匂いに釣られて、ちょうど細い目をした洛西口氏も帰宅したので、Dsc07900みんなでお昼ごはん。
 
蒸したての肉まんが冷めないうちに、あっという間になくなる肉まん。肉まんならば、大人と同じ量は食べる小たみちゃは、今年も饅頭のような顔をしてたっぷり食べました。
 
そして、2回に分けて蒸した肉まんがひと段落すると、食後のおやつはこれこれ。Dsc07927桃饅。
 
薄紅色に色づけし、あとは蒸すだけと、仕上がっていた桃饅。小たみちゃんがもっともっとやりたいと、桃太郎さながらの桃饅に着色してくれました。
 
黒豆あんが入った蒸したて桃饅は、あんがとろけてほっくりと美味しい、寒い季節にぴったりのおやつになりました。
 
寒の戻りを繰り返しながら春に向かう季節の変わり目。皆様もどうかご自愛くださいませ。

| | コメント (2)

2016年9月 9日 (金)

大人の紅茶パン

おこしやす!

 
台風の影響で自宅待機となった8月の終わり。
 
小たみちゃんと1日贅沢に暇を持て余そうと、本当にゴロゴロダラダラしていたら、同じく自宅待機をしていた姉から「暇だったらパンでも作ったら。」とメールが。
 
パンを作る予定なんぞこれしきもありませんでしたが、それなら焼いてみっぺと重い腰を上げて暇つぶしのパン作りをすることに。
 
パンを作るとなると一目散に飛んでくる小たみちゃんも、パズル遊びを切り上げパン作り。Dsc03410_1どこで覚えたのか、「ヘイーいらっしゃーい、いらっしゃーい。」と、魚屋さんのような重低音を響かせてパン生地を分割して量り売りしてくれる小たみちゃん。
 
Dsc03420_1 卵を塗ったり、バターをのせたり、仕上げもバッチリこなしてくれました。
 
さてさて、やる気を振り絞って、思いつきのありもので焼いたプチパンが出来上がり!Dsc03449レーズンと紅茶のプチパン。Dsc03462カゴにどっさり入れたら、ちょうどお昼の時間ですよ!Dsc03474あ、そうそう、週末に残ったサンドウィッチを引っ張り出して、焼きたてのプチパンで小たみちゃんと2人、ランチタイム。
 
焼きたてパンを囲んで、Dsc03481自家製の梅ジュースで乾杯!
 
と、乾杯をした途端、大好きな梅ジュースを一気飲みして氷まで食べてしまった小たみちゃん。焼きたてパンを前に、お腹に激痛が走りお昼ご飯ではない騒ぎに。
 
結局、小たみちゃんは紅茶パンをほとんど食べずお昼ごはんが終わってしまいましたが、お昼寝の後、気を取り直しておやつに紅茶パンを食べると、
 
「大人の味がする。」
 
と、大人の階段を駆け上がったご様子。腹痛も治り、大きな大きなお口で大人の味を嗜みました。
 
さて、このところ週末のたびに不調だった小たみちゃん。
 
ようやく回復し、明日は久々にお外遊びを楽しめそうです。

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

パン工房小たみ

おこしやす!

 
このところ、ずいぶんお手伝いの幅が広がり、少しばかり役立つお手伝いができるようになってきた小たみちゃん。
 
以前はパン作りもちょっと生地に触ってみたり、成型のまね事をするだけでしたが、もう少し本格的にパン作りを楽しんでもらおうと、小たみちゃんと2人で過ごした8月のある休日、一緒にパン作りをしてみました。
 
まずは秤量。
Dsc02552_3 おたまやスプーンで粉をすくってボールに移す作業。日頃のお砂遊びの成果を発揮してお手の物です。
 
Dsc02582_2 生地をまとめる作業は私がやり、あとの捏ねは小たみちゃんが。ずいぶんといい本腰を入れて捏ねるようになってきました。
 
Dsc02590_3 小たみちゃんのおままごと用に100均で購入したシリコン製のめん棒を使って生地を伸ばしたら具材を包み込んで発酵。
 
Dsc02602_3 分割は小たみちゃんが次々と切り刻んで行く生地を計りながら丸めていきました。うっかり途中で分けた生地を一塊にされるというハプニングもありましたが。
 
Dsc02607_2 変顔をする余裕すら…。
 
二次発酵を終えたらいよいよ仕上げです。Dsc02612これも、小たみちゃんのおままごと用に買ったシリコン製の刷毛で卵を塗って、Dsc02622ハサミで切り込みを入れた生地に、「バターいない子ちゃーん!」とバターが乗っていない生地に呼びかけながらバターを乗せて焼成。
 
こうして、ほぼ全ての工程をお手伝いして、小たみちゃん手作りのパンが完成。Dsc02646 マンゴーとヘーゼルナッツのプチパン。生地にはカルダモンを練りこんで爽やかな風味が美味しい焼きたてパンが出来上がり。
 
焼きあがったパンはさっそくお昼ご飯に。Dsc026791卵とアボカドのスパイスサラダ、オクラとミニトマトのチーズトーストを添えて、Dsc02671パン作りお疲れ様!焼きたてパンで女子会ランチ!
 
チーズトーストは義母とハナヲくんのフランス土産でもらったチリオイルをかけて。スープは定番のフレッシュコーンの冷製スープ。
 
「いや〜お疲れ!お疲れ!」と声を掛け合いながらのランチタイム。焼きたてパンを喜んで頬張ると思いきや、中に入ってるドライマンゴーをほじって食べてばかり。ま、昔私もパンの耳が嫌いで中だけくり抜いて食べていたので文句は言えませんでした。ハイ。
 
少しずつできることが増えて、お手伝いも幅が出てきた小たみちゃん。教えたこと、見たことを忠実に出来るようになり、一緒にキッチンに立つことが少しずつ楽しくなってきました。
 
いつの日か、朝起きたら小たみちゃんの焼きたてパンが出てくる…なんて日がくることを願って。
 
まずは、おままごとでイメトレ、イメトレ。

| | コメント (2)

2015年3月13日 (金)

バレンタインクッキー

おこしやす!

 
明日はいよいよホワイトデー。今日はホワイトデーイヴということで、会社ではそんじょそこらの結婚式の引き出物より大量にお返しを頂いてきました。何せ男性30人分のバレンタインを送りましたので、お返しは5倍返しくらいで戻ってきました。
 
さて。
 
一ヶ月前のバレンタイン。我が家は例年、バレンタインなんて華やかなイベントはありませんでしたが、今年はご近所に住む、小たみちゃんと同い年の男の子のママさんがクッキー作りを提案してくれたので、お友達親子とクッキーを作ることに。
 
まずは生地作り。Dsc079541お手伝い大好き小たみちゃん。真っ先に泡立て器に飛びついてきて、生地作りに挑戦。Dsc07965小たみちゃんが泡立て器についた生地をつまみ食いしていると、お友達のNくん登場。
 
小たみちゃんが「Nくん、これ食べてみー!美味しいよー!」とまだ生の生地を勧めると、Dsc07968男らしく豪快に生地を食べるNくん。
 
捏ねあがった生地を冷蔵庫で寝かせたら、Dsc07999二人で仲良く生地を伸ばして、型抜きに挑戦。Dsc07978「二人ともー!ポンポン押してー!」と言ったら、Dsc07981ポンポン押しすぎて型を抜く間もなく生地がぐちゃぐちゃに。Dsc07992粉だらけで真っ白になっちゃったり、Dsc08006最後の最後までつまみ食いは止まりませんでしたが、なんとか二人が押した型を救出してオーブンへ。
 
クッキーが焼きあがるまでの間に、こちらも皆で作ったお昼ご飯。Dsc08016ホッカホカの肉まん。Dsc08019皆で食べると食欲倍増。肉まんが大好きな小たみちゃんは大人と同じ大きな肉まん2個完食でした。
 
そして、ご飯を食べ終わる頃に、大人も子供も皆必死で作ったクッキーが焼きあがりました。Dsc08054バレンタインクッキー。
 
アーモンドプードルを混ぜたクッキーはサクサクと香ばしくて軽い口当たり。ついつい止まらず食べたくなるのは子供も大人も同じ。
 
こうして出来上がった手作りクッキーは、ほんの少しお友達や知り合いにおすそ分けして、あとはもちろん子供たちのおやつに。
 
「ハートにしようかなぁ?お星様だー!クマさんもいるー!」
 
と、毎日いろんな形を手にとってそれはそれは楽しみながら食べてしまいました。
 
初めての手作りバレンタイン。
 
生後数ヶ月のころからよく遊んでいる幼馴染のNくんともずいぶん会話をして遊べるようになり、追っかけっこをしてみたり、いないいないばーをして笑いあったり。Dsc08060Dsc08059
子供たちの楽しそうな笑い声が響き、とても賑やかなクッキー作りになりました。
 
そしてまた来年のバレンタインも、子供達がどんなお手伝いが出来るようになっていくのか今からとても楽しみです。

| | コメント (2)

2014年12月13日 (土)

お芋パンに挑戦☆

おこしやす!

 
今週は小たみちゃの小児科通いがあったり、会社の上司のお誘いでフレンチをご馳走になったり、いろいろあった一週間でしたが、なんとか無事、ここに着地しております。
 
さて、11月のことですが、姪っ子ちゃんが保育園の芋ほり遠足で元気良くさつま芋を引っこ抜いてきてくれました。
 
おすそ分けに掘りたてのさつま芋をもらったので、今回は小たみちゃんも一緒にお芋を使ったお芋のパンを作ることに。
 
パン作り初挑戦の小たみちゃん。発酵後の成形から一緒にやろうと、分割した生地を「コロコロして丸めてー!」とお願いすると、Dsc05516いきなり伸ばしてくれました。
 
私が粉から捏ねる姿をよーく見学していたようで、小たみちゃんがやりたかったのは丸めるよりも伸ばしてこねるところ。
 
Dsc05509 うっかり途中でさつま芋をつまみ食いしてしまったり、やりたい放題に生地をこねる小たみちゃん。
 
そして、次々に伸ばされていく生地をひたすら私が丸めて何とか完成。Dsc05546さつま芋にはやっぱり黒ごま、小たみちゃん謹製おさつパン。
 
ふっくら焼きあがったおさつパン、お芋がホクホクでゴマがプチプチといいアクセント。
 
初めてのパン作りの挑戦した小たみちゃんは、パンから芋だけ掘り出して食べて、残ったパン生地をもくもくと食べて焼きたてをあじわいました。
 
やっぱり芋には敵いませんな。

| | コメント (2)